Windows 10バージョン21H2不具合まとめ

Windows

この記事ではWindows 10バージョン21H2で確認されている不具合とその回避策についてまとめています。

(2021/11/24更新)11月の更新プログラムをインストールすると「.msiファイル」を使用するアプリが開けなくなる不具合(修正済)

情報ソース

ユーザー報告されている不具合

▼2021年11月の累積更新プログラム「KB5007186」関連の不具合まとめ

▼第12世代IntelCoreプロセッサーで一部ゲームが強制終了する不具合

既知の不具合

不具合

11月の更新プログラムをインストールすると「.msiファイル」を使用するアプリが開けなくなる不具合

11月の更新プログラムをインストール後、.msiファイルを使用するアプリをアップデート、または修復を実行すると、開けなくなる不具合が確認されています。

影響が確認されているアプリにはKasperskyなどが含まれます。

回避策

【回避策】2021/11/22(現地時間)にリリースされた更新プログラムプレビューKB5007253によって修正されています。

Windows 10月累積更新プログラムで0x00000709/0x0000007c/0x000006e4エラーでリモートプリンタに接続できない不具合

MECM(SCCM)を使えば不具合の修正パッチも大量のPCへ同時に適用可能です!

MECMの機能を使えば、1万台もの大量のPCにも同時に修正パッチや更新プログラムを配布、適用させることが可能です。弊社アーザスではMECMの構築から運用までサポートしています。お気軽にご相談下さい!