Windows 11をクローニングでキッティングする方法

Windows

来年に向けてWindows 11でPCのキッティングを考えている企業も多いと思います。

ではWindows 11はWinodws 10と同じ方法でキッティングは可能なのでしょうか?

Windows 11をクローニングでキッティングできるか検証しました。

使用したクローニングの方法

基本的にWindows 10と同じ方法で行います。差異がある場合は記事中で触れます。

▼詳しい方法はこちらを参照してください。

検証環境

  • Hyper-V
  • Windows 11 21H2 Pro

Windows PEブートメディアの作成

「Windows ADK for Windows 11」を使ってWindows PEブートメディアを作成しました。

Windows PE の作成場所を用意する

copype amd64 C:\WinPE_amd64

PE1

PE2.5

Windows PEのブートイメージのマウント

dism /Mount-Image /ImageFile:”C:\WinPE_amd64\media\sources\boot.wim” /index:1 /MountDir:”C:\WinPE_amd64\mount”

PE2

各種パッケージの追加

  • WinPE-WMI
  • WinPE-NetFX
  • WinPE-Scripting
  • WinPE-PowerShell
  • WinPE-SecureStartup
  • 日本語フォントパッケージの追加

各種設定

  • 入力ロケール/システムロケール/UI言語の日本語対応
  • 日本語配列キーボードへの対応
  • タイムゾーンを日本標準時に変更

NICドライバの追加

Hyper-Vで検証したため、今回はドライバを追加しなくても大丈夫でした。

パッケージの追加・設定を Windows PE イメージに反映・アンマウント

dism /Unmount-Image /MountDir:”C:\WinPE_amd64\mount” /commit

PE6

Windows PEブートメディア作成

MakeWinPEMedia /UFD C:\WinPE_amd64 {ブートメディアのパス}

PE7

PE5

マスターPC作成

クローン元となるマスターPCを作成します。

Windows 11のクリーンインストール

マスターPCにWindows 11をクリーンインストールします。

ユーザーアカウントの作成

アカウントを作成してサインインします。今回は「Setup」としました。

master2

master3

Administratorを有効にする

AdministratorでマスターPCの設定を行うためAdministratorを有効にします。Administratorはセキュリティ上悪用されやすいためデフォルトでは無効になっています。

「アカウントを無効にする」のチェックを外します。
master4

Administratorでログインします。

master5

各種設定

サインイン後、マスターPCの設定をします。

  • 必要なアプリケーション(今回はAdobe Reader)のインストール
  • ライセンスキーを設定
  • Windows Updateで更新プログラムを適用

設定が終わればマスターPCの出来上がりです。
master6

バックアップ

Windows PEを使用してマスターPCのバックアップファイルを作成し、実際にバックアップから戻せるか検証します。

バックアップの作成

Windows PEで以下のコマンドを実行してマスターPCのバックアップファイルを作成します。

dism /Capture-Image /ImageFile:{バックアップファイルのパス} /CaptureDir:{マスターPCのパス} /Name:”before_sysprep”

今回は外付けHDDにbefore_sysprep.wimというバックアップファイルを作成します。

バックアップファイル

バックアップファイル「before_sysprep.wim」が作成できました。
backup1

バックアップから戻す

Windows PEで以下のコマンドを実行してバックアップを適用します。

dism /Apply-Image /ImageFile:{バックアップファイルのパス} /Index:1 /ApplyDir:{バックアップを戻すパス}

backup3

再起動してサインインします。
backup4

マスターPCのバックアップファイルから戻すことに成功しました。
backup5

一般化

マスターPCとは別にテクニシャンPCを使って一般化に必要な応答ファイルを作成し、マスターPCを一般化します。

応答ファイル

Windows 11のISOファイルから応答ファイルを作成します

ISOファイルをマウントし、「sources」フォルダから「install.wim」ファイルをコピーします。
応答ファイル1

「Windowsシステムイメージマネージャー」を開いてコピーした「install.wim」ファイルを読み込みます。
応答ファイル2

応答ファイル3

読み込むとWindowsイメージがなぜかWindows 10と表示されますが問題ありません。
応答ファイル4

カタログファイルを作成します。
応答ファイル5

カタログファイルもWindows 10 Proとして保存されます。
応答ファイル6

応答ファイルの設定

応答ファイルに以下の項目を設定して保存します。

  • 1 windowsPE

【amd64_Microsoft-Windows-International-Core-WinPE_neutral】

応答ファイル7

  • 3 generalize

【amd64_Microsoft-Windows-PnpSysprep_neutral】

応答ファイル8

  • 4 specialize

【amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_neutral】

応答ファイル11

【AutoLogon】

応答ファイル10

【Password】

応答ファイル9

  • 7 oobeSystem

【amd64_Microsoft-Windows-International-Core_neutral】
応答ファイル12

【amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_neutral】
応答ファイル17

【FirstLogonCommands】

今回はバッチファイルを用意しなかったため、「CommandLine」欄に何も設定していません。

応答ファイル13

【OOBE】

応答ファイル14

【UserAccounts】

応答ファイル15

【WindowsFeatures】

応答ファイル16

マスターPCの一般化

応答ファイルを使ってマスターPCを一般化します。

マスターPCの「Windows>System32>Sysprep」に応答ファイルをコピペします。
応答ファイル

コマンドプロンプトを管理者で実行し、Sysprepコマンドで一般化を実行します。

sysprep.exe /oobe /generalize /shutdown

エラーが発生してしまいました。
gene2

「setupact.log」を見ると「Microsoft.LanguageExperiencePackja-JP」が原因で実行できなかったようです。

Error SYSPRP Package Microsoft.LanguageExperiencePackja-JP_22000.11.28.0_neutral__8wekyb3d8bbwe was installed for a user, but not provisioned for all users. This package will not function properly in the sysprep image.

「Windows Power Shell」で以下のコマンドを実行して「Microsoft.LanguageExperiencePackja-JP」を削除します。

Get-AppxPackage -AllUsers Microsoft.LanguageExperiencePackja-JP* | Remove-AppxPackage -AllUsers

もう一度Sysprepコマンドを実行するとうまくいきました。

gene3

一般化したマスターPCのイメージをキャプチャする

Windows PEで一般化したマスターPCのイメージをキャプチャします。

以下のコマンドでイメージのキャプチャを「after_sysprep.wim」に保存します。

dism /Capture-Image /ImageFile:{一般化したイメージファイルのパス} /CaptureDir:{キャプチャするマスターPCのパス} /Name:”after_sysprep”

一般化キャプチャ

一般化キャプチャ

イメージ適用

クローンPCのパーティション作成

Windows PEを実行して以下のコマンドを実行してパーティションを作成します。

select disk 0
clean
convert gpt
create partition primary size=300
format quick fs=ntfs label=”Windows RE tools”
assign letter=”T”
create partition efi size=100
rem == Note: for Advanced Format Generation One drives, change to size=260.
format quick fs=fat32 label=”System”
assign letter=”S”
create partition msr size=128
create partition primary
format quick fs=ntfs label=”Windows”
assign letter=”W”

Windowsパーティションに一般化したキャプチャイメージの適用

dism /Apply-Image /ImageFile:{一般化したイメージファイルのパス} /Index:1 /ApplyDir:{適用先のクローンPCのパス}

システムパーティションの構成

W:\Windows\System32\bcdboot W:\Windows /s S:

処理が完了したらWindows PEを終了します。

クローンPCの設定

クローンPCの名前を設定します。
クローンPC1

「職場または学校用に設定する」をクリックします。
クローンPC2

「代わりにドメインに参加する」をクリックします。
ドメイン参加

ローカルアカウントを設定します。今回は「Setup」とします。

クローンPC1

デフォルトではビルトインAdministratorは利用できません。使用したい場合はサインイン後に有効に設定して下さい。

サインインします。
クローンPC2

Administratorを有効に設定してからサインインし直します。

クローンPC3

Adobe Readerがインストールされているため、マスターPCの設定が引き継がれていることが分かります。
クローンPC4

あとはPCのドメイン参加や、各種ライセンスキーの設定などを行えば終了です。

MECM(SCCM)でOS展開も効率的に!

MECMの機能を使えば1万台のPCでも一度にOS展開を行うことが可能です。弊社にはMECMサービスに精通したスタッフが多数在籍しておりますので、是非お気軽にご相談下さい!