[まとめ]Windows 11 22H2がそろそろリリース?21H2からの変更点を一挙紹介

Windows
[Windows 11]22H2がそろそろリリース?21H2と比べてどこが変わるの?

Windows 11の次期大型アップデート「Windows 11 22H2」がそろそろリリースされると噂されています。

Windows 11 22H2リリース時期、現時点で確認できるWindows 11 22H2で変更されるポイントについてまとめました。

(2022/9/21更新)2022年9月20日にWindows 11 22H2がリリースされました

情報ソース

2022年9月20日にWindows 11 22H2がリリースされました

Windows 11 22H2のリリース時期

2022年9月20日のリリースが予想されています。

根拠としてはMicrosoftのサービスサイクル的に次の大型アップデートリリース日が9月20日にあたることや、すでにWindows 11 22H2に対応した「Windows Driver Kit (WDK)」、「Software Development Kit (SDK)」、および「Enterprise Windows Driver Kit (EWDK)」が利用可能になっていることなどが挙げられています。

Windows Updateでの配信は10月~11月ごろだと予想されています。

Windows 11 22H2の更新プログラムは「Windows 11 2022 Update」

Windows Latestによると、「Windows 11 2022 Update」という名前でリリースされる可能性が高いとのこと。

Windows 11 22H2プレビューがリリース中

こちらからWindows 11 22H2のプレビューリリースをダウンロードできます。

Windows Insiderプログラムへの登録が必要です。

Windows 11 22H2で変更される部分一覧

Windows Latestによると、22H2で変更される内容は「Windows 11 Build 22621」で実装された内容になる可能性が高いとされています。

  • セットアップ時にMicrosoftアカウントが必須に
  • スタートメニューレイアウト変更
  • タスクマネージャUI変更
  • クイックアクセスが「ホーム」に変更
  • 設定に集中モード追加

セットアップ時にMicrosoftアカウントが必須に

Windows 11 22H2からHome、Pro共にMicrosoftアカウントの登録が必須となり、これまで可能だったセットアップ時のローカルアカウント作成が無効になります。

▼詳しくはこちらの記事を参照して下さい。

スタートメニューレイアウト変更可能に

スタートメニューに表示するアプリの表示レイアウトが3種類から選択可能になりました。

また、スタートメニューにピン留めされたアプリのフォルダ分けが可能になりました。

タスクマネージャUI変更

▼21H2
タスクマネージャー1

▼22H2
タスクマネージャー2

タブがウィンドウ上部から左端に変更されています。

表示される項目は21H2と変わりませんが、「パフォーマンス」ではグラフの更新タイミングを3段階に設定可能となり、更新を停止することも可能になりました。

クイックアクセスが「ホーム」に変更

ホーム

エクスプローラーのクイックアクセスが「ホーム」に変更され、クイックアクセスの他に「お気に入り」機能が追加されました。

「お気に入り」機能は、ユーザーが任意のファイルをピン留めできる機能で、使用頻度の高いファイルなどを表示させることができます。

集中モードが改善

従来から搭載されていた「集中モード」が「応答不可モード」と「フォーカス」の2つの機能に分割されました。

▼Windows 11 21H2の「集中モード」

▼「応答不可モード」は従来の「集中モード」とほぼ同じで、オンにしている間、通知を表示しない機能です。

▼「フォーカス」は時間指定した間、通知を表示しない機能です。

▼休憩などのオプションも設定可能。作業に集中したい時に便利な機能です。

▼フォーカス中はウィンドウが表示されます。

【関連記事】Windows 11 をクローニングでキッティング

MECM(SCCM)でWindows 11のOS展開も効率的に!

MECMの機能を使えば1万台のPCでも一度にOS展開を行うことが可能です。弊社にはMECMサービスに精通したスタッフが多数在籍しております。

是非お気軽にご相談下さい!