簡単に予定を共有できる!Office365の「予定表」で出来る事とその特徴

Office365
Office365の機能の「予定表」ってなんだろう?

Office365™ にはスケジュール管理機能である「予定表」が含まれています。

スケジュール管理は、自分の手帳やアプリのカレンダー機能などで管理しているかと思います。それらと比較して Office365 の予定表は何が特徴的なのでしょうか?

それでは予定表について解説をしていきます。

予定表とは?

ざっくりと言えば予定表とはスケジュールを管理するカレンダー機能のことです。自分の予定を書き込むのはもちろんのこと、どこでも確認や書き込みすることが出来ます。その他にも簡単に他の人と予定を共有することができるので、スケジュール調整が楽になります。

▼これが予定表のサンプル画面です。予定表 画像

見た目はかなりシンプルです。上記のサンプル画像は空欄だらけで寂しいですが、予定を入れれば情報量が増えて中身が充実していきます。

Office365 の予定表で出来ること

ここに予定表で出来ることをリストアップしておきます。

表示の変更

予定の表示方法として4種類の方法があります。

  • 1日分表示する(日)
  • 自分が活動をする曜日を表示する(稼働日)
  • 1週間分表示する(週)
  • 1カ月分表示する(月)

予定を詳細まで書き込む

イベントを詳細まで書き込むことにより、時間やメモを残すことが出来ます。その他にも Skype® for Business を使用したオンライン会議についても設定することが出来ます。

グループで予定を共有する

グループに予定を登録することで、グループのメンバーと予定を共有することが出来ます。

他ユーザーと予定を共有する

特定の人だけに公開したいという予定を登録できます。複数の人にも見せられます。

予定を非公開にする

誰にも見せられないように秘密の予定を登録出来ます。プライベートの予定でも関係なく入れることが出来ます。

予定を検索する

予定の検索を行うことが出来るので迷うことはありません。

予定の前にアラームを設定しておく

アラーム設定することで、予定前に Outlook® のポップアップ表示で気づくことが出来ます。

Outlook とは Microsoft® が提供している個人の情報を管理を行うソフトです。

Outlookと連携する

この連携により予定表で登録した予定が Outlook に表示されます。逆に Outlook に登録していた予定は予定表に表示されます。

祝日は Outlook でしか設定できませんが、連携させることで予定表にも祝日を表示させられます。

スマートフォンで予定を確認する

機能制限はあるもののスマートフォンにも対応しています。

…などが出来ます。この機能以外にも出来ることはあるので、後々の記事で紹介していきますね。

終わりに

今回は予定表の概要だけ紹介しました。リストアップした数が多いので、覚えることも多いだろうと思われたかもしれませんが、実際のところはそう多くはありません。

Office365 の予定表の特徴である予定の共有や、書き方などは後日紹介します。お楽しみに!