[Microsoft 365アプリ]2022年7月の半期/月次チャネル更新プログラム公開!

Windows
[Microsoft 365アプリ]2022年7月の半期/月次チャネル更新プログラム公開!

2022年7月12日(現地時間)、MicrosoftからMicrosoft 365 Appsの更新プログラム(セキュリティ更新プログラム、機能の更新プログラムを含む)が公開されました。

今月は以下の重要度「Important」の脆弱性2件CVE-2022-26934/CVE-2022-33632の修正パッチが含まれています。

(2022/7/19更新)Accessで作成されたACCDE/MDEファイルを開こうとしたときにエラーが発生する不具合

記事の対象チャネル

  • 月次エンタープライズチャネル
  • 半期エンタープライズチャネル

更新プログラムの入手先

以下のチャネルから入手できます。

  • MECM(SCCM)
  • Microsoft 365 Appsデプロイツール
  • Microsoft 365 Appsポータル

6月のセキュリティ更新内容

以下の重要度「Important」脆弱性2件が修正されています。

・Microsoft Officeスイート:Windowsグラフィックスコンポーネント情報開示の脆弱性(CVE-2022-26934)

・Microsoft Officeスイート:Microsoft Officeのセキュリティ機能のバイパスの脆弱性(CVE-2022-33632)

半期エンタープライズチャネル

semi_annual

バージョン 2102

セキュリティ更新プログラム

セキュリティ更新内容を参照して下さい。

バージョン 2108

セキュリティ更新プログラム

セキュリティ更新内容を参照して下さい。

バージョン 2202

不具合

セキュリティ更新プログラム

セキュリティ更新内容を参照して下さい。

Excel

◆【機能の更新】
・管理者への機密性ラベルの監査ログの提供

・機密性の高い暗号化されたドキュメントの自動保存と共同編集

・Word/Excel/PowerPointのDLPポリシーのヒントを表示

・Excel 4.0(XML)マクロをデフォルトで無効に

・大きなセルや非常に広いセルをナビゲートするときに、シートのスクロールがスムーズに

・OfficeアプリがOpenDocumentFormat(ODF)1.3をサポート

◆【改善点】
・プライバシー設定ウィンドウを開いたときにアプリが応答しなくなる問題を修正

・最近の更新により、OfficeからPDFまたはXPS形式へのドキュメントのエクスポートが失敗する問題を修正

・LOGESTワークシート関数で一時的なオーバーフローエラーが処理およびクリアされず、関連のない後続の計算で誤って取得される問題を修正

・フォームコントロールを操作するとExcelが予期せず終了する可能性がある問題を修正

・PowerPivotをAzureAnalysisServicesで使用しようとしたときに発生する問題を修正

・図形とフォームコントロールがVBAマクロを呼び出せない問題を修正

・ピボットテーブルフィールド選択タスクペインで検索テキストがリセットされる問題を修正

・変換機能を使用してMicrosoft Excel Worksheet(Office OpenXML)オブジェクトに変換しても、埋め込まれたオブジェクトを開くまで変換が完了しない問題を修正

・スライサーとアクセシビリティツールを使用する際のパフォーマンスの問題を修正

・ピボットテーブルに非表示のフィールドがある場合の小計の最適化に関する問題を修正

・ブックの計算中にExcelが応答を停止する可能性がある問題を修正

・数式でセル参照を使用すると、ユーザーが高いCPU使用率を経験する問題を修正

・ソースファイルがOneDriveの場所からのものであり、Excel、Word、またはPowerPointの埋め込みオブジェクトをExcelファイルに追加するときにファイル名にHTMLエンコード文字が含まれている場合、アプリの元のアイコンが正しく表示されない問題を修正

・クエリの更新によりExcelが応答しなくなる問題を修正

・WEBSERVICEワークシート関数の問題を修正しました。ユーザーが計算をキャンセルすると、まれにExcelが機能しなくなる問題を修正

・データソースの範囲が変更された場合、新しく作成されたピボットテーブルがカスタム設定を失う可能性がある問題を修正

・入力が変更された後、特定の数式の結果が更新されない問題を修正

・一部のワークシート関数が特定の言語のユーザーに表示されない問題を修正

・一部のGCC-Hテナントで自動感度ラベルが機能しない問題を修正

・Excelファイルを開くときにセルの選択がオフになる問題を修正

・カスタムコマンドバーを使用すると、Excelが予期せず終了する可能性がある問題を修正

・Inquireアドインのファイル比較機能を使用しているとき、または最初からスプレッドシート比較を実行しているときに、マクロの違いが検出されない場合がある問題を修正

・ソースデータがセルの範囲からではなくチャートに直接入力されたときに、チャートの軸上の日付が表示されない問題を修正

・グラフシートを含むブックでVBAスクリプト/アドインを実行すると、Excelが予期せず終了する可能性がある問題を修正

・一部のSVGファイルが表示される問題を修正

・ローカルファイルキャッシュのテナントIDデータが正しくフォーマットされていない場合、保護された共同編集を選択したテナントの一部のドキュメントの保存中に発生した予期せず終了する問題を修正

・BizUDゴシック日本語フォントがOfficeアプリケーション間で異なってレンダリングされる問題を修正

・PowerPivotを使用しているときにデータフィードに接続しようとするとエラーが発生する問題を修正

・.xls形式の共有ブックが変更を不適切にマージする可能性がある問題を修正

・AMSIスキャンによってアプリが予期せず終了する問題を修正

・XL4マクロを無効にするグループポリシーを有効にすると、ソルバーが機能しなくなる問題を修正

・UIオートメーションを使用し、多くの非表示の行や列を含む大量のデータを処理する場合のパフォーマンスの低下やフリーズの問題を修正

OneNote

◆【改善点】
クイックノートを作成するためのホットキーをWin+Alt+Nに更新する問題を修正

Outlook

◆【機能の更新】
・管理者への機密性ラベルの監査ログの提供

・疑わしいサインインアクティビティが検出された場合に警告する機能追加

・Microsoft Searchを利用した作成(To \ CC \ BCC)の提案の追加

・自動拡張オンラインアーカイブ検索を有効に設定

◆【改善点】

・会話を拡大するときにユーザーが応答を停止する問題を修正

・プレビューの生成時に同期が機能しない問題を修正

・Windows 11を使用しているユーザー、またはComing Soonを介してビジュアルリフレッシュを使用しているユーザーが、ミニカレンダーの日付にカーソルを合わせたときにテキストの位置がずれて表示される問題を修正

・受信したメールにメッセージを開くためのリンクが含まれない問題を修正

・暗号化のみおよび転送しないテンプレートを使用するメッセージがオブジェクトモデルを介して予期しないアクセス許可を返す原因となる問題を修正

・感度ラベルが付いて送信されるすべての電子メールが常に「暗号化のみ」テンプレートを適用する問題を修正

・ユーザーが保護されたボイスメールメッセージからMP3添付ファイルをダウンロードできるようになる問題を修正

・Outlookの再起動後に、ユーザーがデフォルトの署名を新しい電子メール、返信、または転送に挿入できなくなる問題を修正

・「インデックスが古くなっています」というメッセージが頻繁に表示される問題を修正

・ユーザーが保護されたボイスメールファイルをダウンロードできるようになる問題を修正

・共有カレンダーを追加した後、一部のユーザーが予期しない終了を経験する問題を修正

・連絡先をCSVにエクスポートするときに、一部のフィールドで文字化けしたテキストが表示される問題を修正

・人物カードを移動するときにユーザーが応答を停止する問題を修正

・連絡先カードを表示するときにユーザーが応答を停止する問題を修正

・ユーザーの写真を読み込むときに予期しないクローズが発生する問題を修正

・ペルソナを取得するときにユーザーが予期せずクローズを経験する問題を修正

・PowerPointにペルソナをロードするときにユーザーが予期せずクローズを経験する問題を修正

・自動保存された会議が出席者に送信されても、主催者のカレンダーに保存されない問題を修正

・REST共有カレンダー機能を有効にすると、削除された共有カレンダーが再表示される問題を修正

・連絡先カードのメンバーシップリストが正しく表示されない問題を修正

・ビュー設定が破損しているためにフォルダーを切り替えるときにユーザーにパフォーマンスの問題が発生する問題を修正

・ユーザーがメッセージ内のリンクのアクセス許可を変更したときに、スマートリンクURLの更新に失敗する問題を修正

・デジタル著作権管理ポリシーが適用されていると、ユーザーがメッセージを開くことができなくなる問題を修正

・ユーザーが編集者または委任の権限を持っている共有連絡先フォルダーを開こうとするとエラーが発生する問題を修正

・共有カレンダーの改善機能が有効になっている場合に、会議室のメールボックスの代表者に対して転送されたすべての会議の招待状に「応答不要」が表示される問題を修正

・LDAPアドレス帳を検索すると、ユーザーが「試行した操作に失敗しました。オブジェクトが見つかりませんでした」というエラーメッセージが表示される問題を修正

・ファイルシステムから右クリックして[メールを送信]を選択してメールを送信すると、VDIマシンでexplorer.exeが予期せず終了する問題を修正

・追加した共有カレンダーがデフォルトでチェックされていないことがユーザーに表示され、カレンダーが追加されなかったとユーザーに思わせる問題を修正

・リボンボタン、情報バー、またはアクション可能なメッセージからアドイン(Viva Insights)を開こうとしたときに、ユーザーが灰色のボックス(Viva Insightsのアドイン読み込みエクスペリエンス)を表示する問題を修正

・Outlookの[会議に参加]ポップアップやPowerPointの[ウェルカムバック]ポップアップなど、一部のポップアップUI要素をクリックできない問題を修正

PowerPoint

◆【機能の更新】
・Word/Excel/PowerPointのDLPポリシーのヒントを表示

・管理者への機密性ラベルの監査ログの提供

・アニメーションGIFがOfficeエディタで使用可能に

・機密性の高い暗号化されたドキュメントの自動保存と共同編集の追加

・OfficeアプリでOpenDocumentFormat 1.3をサポート開始

・Windows 10の大きなテキスト設定のサポートを追加

◆【改善点】
・Outlookの[会議に参加]ポップアップやPowerPointの[ウェルカムバック]ポップアップなど、一部のポップアップUI要素をクリックできない問題を修正

・画像を描画するときに応答が停止する可能性がある問題を修正

・ユーザーが元のPortraitおよび大きい用紙サイズのドキュメントを小さい用紙サイズ(たとえば、レターからA5)に変更すると、その印刷が途切れる(データの損失)問題を修正

・Excelでソースチャートのサイズを変更すると、PowerPointでチャートが正しくフォーマットされない問題を修正

・ユーザーがファイルを読み取り専用モードで開いた場合、アプリがパスワードを変更するように求めるプロンプトが表示される問題を修正

・OfficeからPDFまたはXPS形式へのドキュメントのエクスポートが機能しなくなる問題の修正

・プライバシー設定ウィンドウを開いたときにアプリが応答しなくなる問題を修正

Word

◆【機能の更新】
・Word/Excel/PowerPointのDLPポリシーのヒントを表示

・機密性の高い暗号化されたドキュメントの自動保存と共同編集の追加

・管理者への機密性ラベルの監査ログの提供

・OfficeアプリでOpenDocumentFormat 1.3をサポート開始

◆【改善点】
・画像を描画するときに応答が停止する可能性がある問題を修正

・選択したテーマが適用されないx64ユーザーのWordの[ファイル]>[オプション]メニューのテーマピッカーの問題を修正

・他のアプリケーションで埋め込まれたExcelスプレッドシートを表示する際の問題を修正

・SVGファイルが壊れたリンク(Red-X)として表示される可能性がある問題を修正

・外部コンテンツを含むSVG画像が表示されない可能性がある問題を修正

・共有カレンダーを追加した後、選択されていない状態になる問題を修正

・保護された共同編集を選択したテナントの一部のドキュメントの保存中に発生した予期しないクローズが修正

・OfficeからPDFまたはXPS形式へのドキュメントのエクスポートが失敗する問題の修正

・ドキュメントの最初のコメントで[コメントに移動]を選択すると、アプリが予期せず終了する問題を修正

・BizUDゴシック日本語フォントがOfficeアプリケーション間で異なってレンダリングされる問題を修正

・AIPアドインを有効にしてドキュメントを保存すると、ファイル形式が変更される問題を修正

・マクロを使用してWordドキュメントコレクションのページを反復処理するときに、予期しないクローズが発生する可能性がある問題を修正

・段落マークを削除した後、カーソルがドキュメントの最後までスクロールする問題を修正

・At Mentionのピープルピッカーを開いて日本語IMEでひらがなを入力すると、IMEが機能しなくなる問題を修正

・OneDrive共有ファイルを開こうとするとアプリが応答しなくなる問題を修正

・[ホーム]タブからスタイルを適用できない問題を修正

・リピートスタイルがリピートスタイルではなくノーマルを適用する問題を修正

・Wordの保存に予想よりも時間がかかる問題を修正

・PDFにエクスポートした後、ブックマークと目次リンクが機能しない問題を修正

・[オンラインビデオの挿入]ボタンが無効になっている問題を修正

・プライバシー設定ウィンドウを開いたときにアプリが応答しなくなる問題を修正

・Outlookで印刷したときに特定の用紙が重なる問題を修正

Access

◆【改善点】
・データベースにSharePointリストへのリンクがある場合、PowerBIがAccessデータベースからのデータを更新する動作を停止することがある問題を修正

・一意の識別子列でUnicode文字をサポートしようとしたときに発生する問題を修正

・複数のスレッドを使用してAccessまたはJetデータベースに接続すると、アプリケーションが予期せず終了する問題を修正

・OLEDBインターフェイスを使用するカスタムアプリケーションがSharePointリストへのリンクを含むAccessデータベースを開いて、予期せず閉じる可能性がある問題を修正

・データベースにSharePointリストへのリンクが含まれている場合に、OLEDB APIを使用してAccessデータベース(.accdbファイル)を開いたアプリケーションが予期せず閉じる可能性がある問題が修正

・Office以外のアプリケーションからDAOAPIを使用しようとすると、「オペレーティングシステムは現在、このアプリケーションを実行するように構成されていません」というメッセージで応答しなくなる問題を修正

・アプリケーションが動作を停止し、「これ以上データベースを開くことができません」などのエラーメッセージが生成される問題を修正

・複数のユーザーがネットワークファイル共有でデータベースを開くことができない問題を修正

・最近の更新により、OfficeからPDFまたはXPS形式へのドキュメントのエクスポートが失敗する可能性がある問題を修正

・プライバシー設定ウィンドウを開いたときにアプリが応答しなくなる問題を修正

・Outlook win32でリボンボタン、情報バー、またはアクション可能なメッセージからアドイン(Viva Insights)を開こうとしたときに、ユーザーが灰色のボックス(Viva Insightsのアドイン読み込みエクスペリエンス)を表示する問題を修正

・イベントベースのアドインがバックグラウンドで実行されているときにメールに返信または転送すると、アプリが予期せず終了する問題を修正

・新しいバージョンのVivaInsightsアドインの読み込み効率が低下する問題を修正

・Outlookのイベントベースのアドインが正しく機能しない問題を修正

・ダイナミクスにリンクされたテーブルを開くと、データが表示されるときに数値が小さな四角で表示される問題を修正

・ACE.OLEDB.12.0またはACE.OLEDB.16.0プロバイダーでOLEDBAPIを使用するアプリケーションが予期せず終了する問題を修正

Project

◆【改善点】
・レポートテーブルでステータスマネージャーが更新されない問題を修正

・タスクが再スケジュールされた場合、予定よりも早くスケジュールされる問題を修正

・新しいタスクのサマリータスクが折りたたまれていると、タスクが正しい場所に挿入されない場合がある問題を修正

・ユーザーが別の名前で保存されたプロジェクトを開いたときに、手動でスケジュールされたタスクが以前の日付に再スケジュールされる問題を修正

・カスタマイズされたレポートをロードすると、一部のプロジェクトが予期せず終了する問題を修正

・プロジェクトにアクティブなリンクがない場合でも、プロジェクトに1つ以上のデータソースへのリンクがあることを示すセキュリティダイアログがユーザーに表示される問題を修正

・ユーザーが保存できない状態になっていた問題を修正

・アプリケーションが使用できなくなった画面で開かれ、プロジェクトが非表示になる問題の修正

Publisher

◆【改善点】
一部のSVGファイルが表示される問題を修正

Skype

◆【改善点】
・会話ウィンドウのビデオ共有ピークが予期せず閉じる問題を修正

・一部デバイスのハイブリッドカメラがSfBクライアントに表示されない問題を修正

Officeスイート

◆【機能の更新】
・音声を使用してメールを送信、@メンションが可能に

◆【改善点】
・「読み上げが開始されません」というエラーが表示される問題を修正

・起動時にアプリケーションが予期せず終了することがある問題を修正

・複数のウィンドウとビューを開いて切り替えた後、カスタムVSTOコントロールが機能しなくなるOutlookの問題を修正

・Officeの新しい外観に関するヒントがOutlookに表示されない問題を修正

・メモリが破損する可能性がある入力ソースのスクロールバインディングに関連する問題を修正

・Projectでカスタマイズされたビューが表示される問題を修正

・テキストを含む可能性のある要素の更新に関連する信頼性の問題を修正

・無効なSVGを含むドキュメントで、赤いXの代わりにラスタライズされたフォールバック画像が表示される問題を修正

・プログラムでウィンドウレスモードでプレゼンテーションを開くと、リンクされた画像が読み込まれない問題を修正

・保護された共同編集中に、SharePointまたはOneDriveでホストされているファイルから機密ラベルと暗号化が削除される可能性がある問題を修正

・フォントのドロップダウンが、図形で選択されたフォントを正確に反映しない問題を修正

・アプリケーションの実行中にエラーが発生する可能性がある問題を修正

・管理者は、Microsoft 365AppsHealthの[アドインの正常性]ページで半年ごとのエンタープライズチャネルでデバイスのプライベートアドインを表示可能になります。アドインの潜在的な問題を特定できるようになります。

月次エンタープライズチャネル

monthly

バージョン 2204

セキュリティ更新プログラム

セキュリティ更新内容を参照して下さい。

不具合

バージョン 2205

不具合

セキュリティ更新プログラム

セキュリティ更新内容を参照して下さい。

Excel

◆【機能の更新】
・オートフィルター機能の動作が高速に

・ステータスバーから「合計」、「平均」、「カウント」などのデータがコピー可能に

◆【改善点】
・Officeレンダリングコードで予期しない応答が停止する問題を修正

・Windows 11の特定の古いビルドを使用する場合の、ExcelおよびProjectでのレンダリングに関する問題を修正

・グラフシートを含むブックでVBAスクリプト/アドインを実行すると、Excelが予期せず終了する可能性がある問題を修正

・.xls形式の共有ブックが変更を不適切にマージする可能性がある問題を修正

・AMSIスキャンによってアプリが予期せず終了する問題を修正

Word

◆【改善点】
・スクロール中にヘッダーのネストされたフィールドが正しく表示されない問題を修正

・Officeレンダリングコードで予期しない応答が停止する問題を修正

・UIがarm64デバイスでレンダリングするために機能しなくなることがある問題を修正

・コメントへの一部の返信が次にドキュメントが開かれるまで表示されない問題を修正

Outlook

◆【機能の更新】
・会社の内部構造、作業チーム、および個々の役割を視覚化して検索可能に

・カレンダー上のイベント検索の改善

◆【改善点】
・「共有カレンダーを開く」を使用すると、ナビゲーションペインでカレンダーが選択されない問題を修正

・ユーザーが会議室のメールボックスをカレンダーに追加できない問題を修正

・RoomFinderがGCC-High環境で読み込まれない問題を修正

・LDAPアドレスブックを検索するときに、「試行された操作は失敗しました。オブジェクトが見つかりませんでした」というエラーメッセージが表示される問題を修正

・共有カレンダーの改善機能が有効になっている場合に、会議室のメールボックスの代表者に対して転送されたすべての会議の招待状に「応答不要」が表示される問題を修正

・特定の状況でレンダリングされた共有カレンダーの複数のコピーがユーザーに表示される問題を修正

・正しい権限を持っているにもかかわらず、代理人が共有連絡先フォルダを開くことができない問題を修正

・ローカル連絡先グループを拡張しようとすると、ユーザーに「要求された操作を実行できません…」というエラーが表示される問題を修正

・一部のOutlookユーザーが断続的に起動した直後に予期せず終了する問題を修正

・Officeレンダリングコードで予期しない応答が停止する問題を修正

Access

◆【改善点】
・VivaInsightsアドインを開こうとしたときに灰色のボックスが表示される問題を修正

・以前にSAチャネルで1秒で実行されたユーザーからの既存のコードが、現在のチャネルで実行されるのに13分かかるというパフォーマンスの問題を修正

・SharePointリストへのリンクを含むデータベースでAccessDatabaseEngine OLEDB APIを使用すると、アプリケーションが予期せず終了する可能性がある問題を修正

・一意の識別子列でUnicode文字をサポートしようとしたときに発生する問題を修正

・2019リボンでdataverseが表示されていた問題を修正

・「現在のレコードがありません」というエラーやその他のメッセージが表示される問題を修正

OneNote

◆【改善点】
・Officeレンダリングコードで予期しない応答が停止する問題を修正

PowerPoint

◆【改善点】
・Officeレンダリングコードで予期しない応答が停止する問題を修正

Project

◆【改善点】
・Officeレンダリングコードで予期しない応答が停止する問題を修正

Visio

◆【改善点】
・Officeレンダリングコードで予期しない応答が停止する問題を修正

Officeスイート

◆【改善点】
・テキストアンカー、終了属性を処理し、現在のテキスト位置を正しく維持するためのSVGオブジェクトの問題を修正

・Officeレンダリングコードの予期しないクローズを修正

・Excelでフォントドロップダウンを開くときの問題(強調表示されたフォントがドキュメントで現在選択されているフォントと異なる)を修正

MECM(SCCM)を使えば更新プログラム適用がもっと効率的に!

毎月リリースされる更新プログラムの適用をもっと効率化しませんか?

MECMの機能を使えば、1万台もの大量のPCにも同時に更新プログラムを配布、適用させることが可能です。弊社アーザスではMECMの構築から運用までサポートしています。お気軽にご相談下さい!