Windows10のプロビジョニングパッケージっていつ使うの?

Windows10
Windows10のプロビジョニングパッケージっていつ使うの?

以前、プロビジョニングパッケージについてご紹介しました。

実はこのケースはプロビジョニングパッケージの使い方の一例に過ぎません。

いまいち普及していないプロビジョニングパッケージですが、いったいいつ使うんでしょうね?

ちょっとした補足をしようと思います。

プロビジョニングパッケージはWindows10がインストールされているPCに使うもの

PC

プロビジョニングパッケージは Windows10 の各種設定やアプリケーションなどを固めたものです。

その企業ならではの設定(ドメインとか)やアプリケーションです。

Windows10 がプリインストールされているPCが納入されるのであれば、プロビジョニングパッケージをPCにコピーしてダブルクリックすれば終了です。それだけでその企業仕様になるのです。

時間をかけてOSのインストールから始める必要はありません。簡単ですね。

なぜSysprepでプロビジョニングパッケージを使ったの?

最初に紹介した記事を読んだ方の中には、Sysprep中にプロビジョニングパッケージを使う、というように誤解された方がいるかもしれません。

正確には、Sysprep した Windows10 に対してプロビジョニングパッケージを使っています。

通常通り応答ファイルを適用するとエラーが起きてしまうので、代わりにプロビジョニングパッケージを適用しているのです。

最後に

キッティング=OSから戻す、というわけではありません。

Windows10 が入っているPCがあったら(クリーンインストールなら更に良い)、マスターPC + Sysprep をイメージングしたり、SCCM でOS展開するよりも早くキッティングが終わります。

頭の片隅に「プロビジョニングパッケージ」を入れておくと、キッティングがとても楽になるかもしれませんよ。