【for Office365版】Office365で最新のOfficeアプリケーションをインストールする方法

Office365
for Office365版 Office365で最新のOfficeアプリケーションをインストールする方法

一般法人向けOffice365の場合、Office365 Business、Business Premium、ProPlusを契約すると、1ユーザー5台まで最新のOfficeアプリケーションを利用することができます。

Office365にログインし、Officeアプリケーションのインストーラをダウンロードする必要があるのですが、結構分かりづらい場所にあります。

どこからダウンロードすればよいのかご紹介しようと思います。

Office365でインストールできるのは最新版のOffice

Office365でインストールできるのは最新版のOffice

Office365でインストールできるOfficeは「for Office 365」というものです。Excelなら「Microsoft Excel for Office 365」です。

Office 2016でも2019でもありません。Office365の契約中は常に最新版に更新されるからです。

数年前にインストールできたのはOffice 2016でした。

この記事でもOffice 2016のインストーラのダウンロード方法を紹介していますが、現在とは操作方法が異なっています。

操作方法

Officeのホーム画面を表示する

▼どの機能でもよいので画面左上の点々アイコンをクリックします。
点々アイコンをクリック

▼「Office365 →」をクリックします。
Office365をクリック

これでOfficeのホーム画面が表示されます。

ダウンロードするOfficeを選択する

▼ホーム画面の右上にある「Officeのインストール」をクリックします。
Officeのインストール

▼2つの選択肢が表示されます。
2つの選択肢

Office365アプリ

実行しているOSに適したOfficeのインストーラがダウンロードされます。

通常はこれを選択すればOKです。

Windowsの場合は32ビット版のインストーラとなってしまうのは覚えておいた方がよいです。実行しているWindowsが64ビットだったとしてもです。

各種プラグインなどの互換性を保つために未だに32ビット版をデフォルトにしているようです。いずれ64ビット版がデフォルトになるらしいのですが、2019/4/2現在では32ビット版でした。

32ビット版でも別に問題はありません。

その他のインストールオプション

以下の場合に選択します。

・Windowsで64ビット版をインストールしたい
・macOS 10.10または10.11用をインストールしたい(前バージョン)

選択後は画面の指示に従ってください。すぐに分かると思います。

最後に

普段からOfficeのホーム画面を使っている人なら問題ありませんが、各機能のブックマークから利用している人は意外に分からないものです。

もし周りに困っている人がいたら教えてあげてください。