[Windows]2020年1月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)がリリース

Windows
[Windows]2020年1月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)がリリース

2020年1月14日、MicrosoftからWindowsの2020年1月のセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)がリリースされました。「B」リリースです。

不具合等の情報は随時更新します。

不具合情報

KB4528760

一部のユーザーからインストールに失敗すると報告されています。今のところMicrosoftからはアナウンスはありません。

注目ポイント

最後のWindows 7のセキュリティ更新プログラム

Windows 7のサポートは終了しました。

今回のセキュリティ更新プログラムが最後です。

2020年1月15日のPM12時過ぎに警告画面が表示される

警告画面

記念にスクリーンショットを撮っていいかも。

ESU購入でサポート期間を延長できる

費用はかかりますが、2023年までサポート期間を延長することができます。

注意!Chromium版Edgeが自動インストールされてしまう

2020年1月15日(日本時間2020年1月16日未明)にChromium版Edgeが一般向けにリリースされる予定です。

WindowsUpdateで自動でインストールされ、旧Edgeとは共存できません。

旧Edgeが使えなくなると困る場合は、自動でインストールされないようにブロックしましょう。

セキュリティ更新プログラムの入手先

以下のチャネルから入手できます。

  • Windows Update または Microsoft Update
  • Microsoft Update カタログ
  • Windows Server Update Services (WSUS)

Windows 10, version 1909

累積的な更新プログラムの適用手順

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4528759

累積的な更新プログラム

・KB4528760

不具合情報あり

.NET Frameworkの累積的な更新プログラム

・KB4532938

Windows 10, version 1903

KBは Windows 10, version 1909 と同じです。

Windows 10, version 1809

累積的な更新プログラムの適用手順

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4523204

累積的な更新プログラム

・KB4534273

.NET Frameworkの累積的な更新プログラム

・KB4535101

・KB4532947

・KB4532937

Windows 8.1

累積的な更新プログラムの適用手順

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4524445

累積的な更新プログラム

・KB4534297

セキュリティ更新のみ

セキュリティ更新だけ適用したい場合は、累積的な更新プログラムの代わりにこちらを適用します。なお Windows Update では適用できません。

・KB4534309

Internet Explorerの累積的な更新プログラム

・KB4534251

.NET Frameworkの更新プログラム

セキュリティおよび品質ロールアップ

・KB4532940

・KB4532931

・KB4532927

・KB4532946

・KB4535104

セキュリティのみ

・KB4534978

・KB4532970

・KB4532961

・KB4532962

・KB4532951

Windows 7 SP1

累積的な更新プログラム適用手順

月例パッチを適用する前に、いくつかの更新プログラムを適用する必要があります。

上から順番に適用しましょう。既に適用済の場合はスキップして構いません。

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4490628

SHA-2更新プログラム

これも事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4474419

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4490628

累積的な更新プログラム

目的の月例パッチです。

・KB4534310

セキュリティ更新のみ

セキュリティ更新だけ適用したい場合は、累積的な更新プログラムの代わりにこちらを適用します。なお Windows Update では適用できません。

・KB4534314

.NET Frameworkの更新プログラム

セキュリティおよび品質ロールアップ

・KB4535102

・KB4532932

・KB4532945

・KB4532929

・KB4532941

セキュリティのみ

・KB4534976

・KB4532971

・KB4532960

・KB4532964

・KB4532952

Internet Explorerの累積的な更新プログラム

・KB4534251

Windows Server Version 1909

KBは Windows 10, version 1909 と同じです。

Windows Server Version 1903

KBは Windows 10, version 1909 と同じです。

Windows Server 2019

KBは Windows 10, version 1809 と同じです。

Windows Server 2016

累積的な更新プログラム適用手順

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4520724

累積的な更新プログラム

・KB4534271

Windows Server 2012

Windows Server 2012 R2

KBは Windows 8.1 と同じです。

Windows Server 2012

累積的な更新プログラム適用手順

サービススタック更新プログラム

・KB4532920

累積的な更新プログラム

・KB4534283

セキュリティ更新のみ

セキュリティ更新だけ適用したい場合は、累積的な更新プログラムの代わりにこちらを適用します。なお Windows Update では適用できません。

・KB4534288

Internet Explorerの累積的な更新プログラム

・KB4534251

Windows Server 2008 R2 SP1

KBは Windows 7 SP1 と同じです。

Windows Server 2008 SP2

累積的な更新プログラム適用手順

月例パッチを適用する前に、いくつかの更新プログラムを適用する必要があります。

上から順番に適用しましょう。既に適用済の場合はスキップして構いません。

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4493730

SHA-2更新プログラム

事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4474419

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4536953

累積的な更新プログラム

目的の月例パッチです。

・KB4534303

セキュリティ更新のみ

セキュリティ更新だけ適用したい場合は、累積的な更新プログラムの代わりにこちらを適用します。なお Windows Update では適用できません。

・KB4534312

.NET Frameworkの更新プログラム

セキュリティおよび品質ロールアップ

・KB4535105

・KB4532944

・KB4532929

・KB4532932

セキュリティのみ

・KB4534979

・KB4532959

・KB4532964

・KB4532971

Internet Explorerの累積的な更新プログラム

・KB4534251