【Windows 10】Chromium版Edgeの自動配信はBlocker Toolkitで止められる

Windows
【Windows10】Chromium版Edgeの自動配信はBlocker Toolkitで止められる

2020年1月15日のMicrosoftからのアナウンスについて追記しました。(2020/1/16)

2020年1月15日にリリース予定のChromium版「Edge」ですが、Windows Updateで自動配信されることが分かりました。

困りますよね。

しかし「Blocker Toolkit」というプログラムをインストールすると、自動配信を止めることができます。

ロールアウト直前の2020年1月15日にアナウンスされた新情報

MicrosoftがChromium版 Edgeロールアウト直前に重要なアナウンスを出しました。

もう少し早く出してほしかった。

Windows Updateでの自動インストールはまだ行われない

今後数週間のうちにWindows InsiderのRelease Preview Ringを手始めに新Edgeへの移行を開始します。一度にインストールするのではなく数ヶ月に渡って行います。

ロールアウト日に自動インストールされるわけではないようです。

自動インストールの対象

組織は、新しいMicrosoft Edgeを管理対象デバイスに展開する時期を完全に制御できます。管理対象デバイスは、新しいMicrosoft Edgeに自動的に更新されません。管理対象デバイスに加えて、Enterprise、Education、およびWorkstation Pro Editionデバイスは、現時点では自動的に更新されません。

要は

  • Windows 10 Home
  • ドメイン未参加のWindows 10 Pro

が自動インストールの対象のようです。

Chromium版「Edge」のリリース予定日

リリース予定日は2019年11月4日に発表されました。

Chromium版Edgeの一般向けリリースは2020年1月15日ターゲットでテスト中。

この時はまだ配信方法についての情報はありませんでした。

なんとWindows Updateで自動配信される

2020年12月17日、Chromium版「Edge」の配信方法についてアナウンスが。

Chromium版EdgeはWindows Updateで自動配信するからよ。
対象はWindows 10 Version 1803以降だ。
自動配信が嫌ならBlocker Toolkitをインストールしとけ。
でも手動でインストールした場合は止められないから注意な。

「Blocker Toolkit」は既にダウンロード可能です。

「Blocker Toolkit」を用意するぐらいなら自動配信をやめればよいと思うのですが・・・。

旧EdgeとChromium版Edgeは共存不可

Chromium版Edgeをインストールすると、旧Edgeは使えなくなります。

共存する方法はあるにはありますが、イレギュラーですので考えない方がいいです。

Blocker Toolkitはインストールすべき?

WSUSやSCCM導入している場合

企業内のPCはWSUSやSCCMで制御していると思いますので、あえて余計な「Blocker Toolkit」をインストールする必要は無いでしょう。

企業内PCを個々人がWindows Updateする場合

IT部門の指示に従いましょう。

特にEdgeを利用する社内システムがある場合は「Blocker Toolkit」をインストールしておきましょう。

旧Edgeじゃないとイヤ!

どうしても旧Edgeじゃないと仕事の調子が上がらないならブロックしましょう。