Windows7や8.1でもWindowsUpdate自動更新で令和が使えるように

Windows10
最新のWindows10以外でもWindowsUpdateで令和が使えるように

2019/5/15の月例パッチで、Windows 7や8.1でも令和表示できるようになりました。

それまでは、Windows 10だけがWindows Updateで自動で令和パッチが適用されており、それ以外はオプション扱いになっていました。

今回は自動で適用されますので、特別な操作をしなくても令和です。

令和対応のWindows(クライアントのみ)

今回はクライアントだけ紹介します。

以下のWindowsでWindowsUpdateを実行すると、令和パッチが適用されます。

  • Windows 10 Version 1809
  • Windows 10 Enterprise LTSC 2019
  • Windows 10 Version 1803
  • Windows 10 Version 1709 Enterprise および Education エディションのみ
  • Windows 10 Version 1703 Enterprise および Education エディションのみ
  • Windows 10 Enterprise LTSB 2016
  • Windows 10 Enterprise LTSB 2015
  • Windows 8.1
  • Windows 7 SP1

弊社では一部クライアントがWindows 8.1で、「令和にならない!くやしい!」と拗ねられていたのですが、ようやく解消です。

例:Excelで令和

Excelではセルの書式設定で以下の設定をすると、令和になります。

▼令和!
Excelで令和

▼Rはまだ違和感が・・・
R

最後に

これでmacOSやiOSに加え、Windowsでも令和対応されました。

あとは「令和元年」硬貨を待つだけですね。