[新Edge]国内の自動配信が2020年4月17日以降に延期!新型コロナウィルスの影響

Windows
[新Edge]国内の自動配信が2020年4月17日以降に延期!新型コロナウィルスの影響

Chromium Edge(以降「新Edge」)の自動配信まであと1ヶ月に迫っていましたが、新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で延期となりました。

自動配信は確定申告が終わる2020年4月17日以降の予定です。

国内の自動配信は2020年4月1日以降の予定だった

自動配信をブロックする方法も載せていますので、必要ならぜひ読んでください。

Microsoftからのアナウンス

2020年3月2日、Microsoftから「新Edge」の自動配信の延期がアナウンスされました。

国税庁より、申告所得税(及び復興特別所得税)、贈与税及び個人事業者の消費税(及び地方消費税)の申告期限・納付期限が令和2年4月16日まで延長(PDF: 156KB)されることが発表されたことに伴い、Windows Updateを通じた新しいMicrosoft Edgeの配信は令和2年4月17日以降となります(令和2年3月2日追記)。

確定申告の期限が延長されましたが、どうして「新Edge」の自動配信も延期されたのでしょう?

e-Taxは「新Edge」に対応していない

国税庁から「新Edge」に関するアナウンスが出ています。

当面の間は Internet Explorer 11 からご利用いただくようお願いいたします。
なお、令和2年1月16日以降にMicrosoft Edgeのバージョンアップを行っていない場合は、引き続きMicrosoft Edgeをご利用いただけます。

インターネットで確定申告を行うe-Taxは「IE 11」か「旧Edge」しか使えません。

「新Edge」が自動配信されてしまうとe-Taxが使えなくなってしまうので、確定申告が終わるまで延期となったわけです。

「旧Edge」と「新Edge」は共存できないので、「旧Edge」が使えなくなってしまいます。

「新Edge」はアンインストールできる

「新Edge」をアンインストールすることで、「旧Edge」に戻すことができます。

Microsoft Edge のアンインストールは、Windows Update を通じて Microsoft Edge が提供されるまでの期間に限り可能です。

「新Edge」の自動配信が始まってしまうと、もうアンインストールできなくなるようです。

Windowsの設定からアンインストールする

▼スタートボタン > [設定] > 「Windowsの設定」画面 > [アプリ]をクリック
Windowsの設定

▼「アプリと機能」画面 > 「Microsoft Edge」の[アンインストール]をクリック
アプリと機能

コントロールパネルからアンインストールする

▼「コントロールパネル」画面 > [プログラムのアンインストール]をクリック
コントロールパネル

▼「プログラムと機能」画面 > [Microsoft Edge]をダブルクリック
プログラムと機能

最後に

COVID-19の影響がこんなところにまで及んでいます。

起きてしまったものはもう仕方がないので、空気に流されずに自らの判断軸で冷静に対処していくだけです。