[Windows 10]2021年6月の累積的な更新プログラムがリリース!21H1/20H2/2004向けKB5003637など

Windows
[Windows 10]2021年6月の累積的な更新プログラム 21H1/20H2/2004向けKB5003173

2021年6月9日、MicrosoftからWindowsの2021年6月の「累積的な更新プログラム」(セキュリティ更新プログラム・月例パッチ)がリリースされました。

Windows 10 21H1/20H2/2004向けの「KB5003637」、Windows Server 2019「KB5003646」、Windows Server 2016「KB5003638」などが含まれています。

.NET Frameworkの累積的な更新プログラムもリリースされています。

今回取り上げているOSは

  • Windows 10 version 21H1/20H2/2004
  • Windows Server version 20H2/2004
  • Windows Server 2019/2016/2012 R2/2012

です。

Microsoftのアナウンス

更新プログラムの入手先

以下のチャネルから入手できます。

  • Windows Update または Microsoft Update
  • Microsoft Update カタログ
  • Windows Server Update Services (WSUS)

ただ、セキュリティのみの更新プログラムは、「Windows Update または Microsoft Update」チャネルから入手することはできません。

Windows 10 version 21H1

累積的な更新プログラム

・KB5003637

[既知の不具合情報]
・システム証明書とユーザー証明書が失われる。

・日本語IMEでふりがなの入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、ふりがなの文字が正しく入力されない場合がある。

・特定のオーディオ デバイスと Windows 設定を使用すると、特定のアプリで 5.1 Dolby Digital オーディオが再生され、高音のノイズやきしみ音が含まれる場合がある。

・カスタムオフラインメディアまたはカスタムISOイメージからWindows10をインストールした環境では、この更新プログラムによってMicrosoft Edge Legacyが削除されても、新しいMicrosoft Edgeに自動的に置き換えられない場合がある。

.NET Framework

.NET Framework 3.5 および 4.8 の累積的な更新プログラム

・KB5003254

Windows 10 version 20H2

Windows 10 version 21H1 を参照。

Windows 10 version 2004

Windows 10 version 21H1 を参照。


Windows Server version 20H2

Windows 10 version 21H1 を参照。

Windows Server version 2004

Windows 10 version 21H1 を参照。

Windows Server 2019

累積的な更新プログラム適用手順

1. サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5003711

2. 累積的な更新プログラム

・KB5003646

.NET Framework

.NET Framework 3.5、4.7.2 および 4.8 の累積的な更新プログラム

・KB5003778

Windows Server 2016

累積的な更新プログラム適用手順

1. サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5001402

2. 累積的な更新プログラム

・KB5003638

.NET Framework

.NET Framework 3.5、4.7.2 および 4.8 の累積的な更新プログラム

・KB5003542

Windows Server 2012 R2

累積的な更新プログラムの適用手順

1. サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5001403

2. 累積的な更新プログラム

・KB5003671

2. セキュリティ更新のみ

・KB5003681

セキュリティ更新のみを使用している場合は、以前のすべてのセキュリティ更新のみと Internet Explorer の最新の累積的な更新 ( KB5003636 )もインストールする必要があります。

セキュリティ更新のみは、Windows Updateでは適用できません。

[既知の不具合]

クラスター共有ボリューム(CSV)上にあるファイルまたはフォルダーに対して実行する名前変更などの特定の操作は 、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行した場合に発生します。

.NET Framework

.NET Framework 4.8 のセキュリティおよび品質ロールアップ

・KB5003545

.NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8 のセキュリティおよび品質ロールアップ

・KB5003781

.NET Framework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 のセキュリティおよび品質ロールアップ

・KB5003549

Windows Server 2012

累積的な更新プログラム適用手順

1. サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5001401

2. 累積的な更新プログラム

・KB5003697

2. セキュリティ更新のみ

・KB5003696

セキュリティ更新のみを使用している場合は、以前のすべてのセキュリティ更新のみと Internet Explorer の最新の累積的な更新 ( KB5003636 )もインストールする必要があります。

セキュリティ更新のみは、Windows Updateでは適用できません。

[既知の不具合]

クラスター共有ボリューム(CSV)上にあるファイルまたはフォルダーに対して実行する名前変更などの特定の操作は 、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行した場合に発生します。

.NET Framework

.NET Framework 4.8 のセキュリティおよび品質ロールアップ

・KB5003544

.NET Framework 3.5、4.5.2、4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2、4.8 のセキュリティおよび品質ロールアップ

・KB5003548

.NET Framework 4.6、4.6.1、4.6.2、4.7、4.7.1、4.7.2 のセキュリティおよび品質ロールアップ

・KB5003780