[注意]アンインストール不可能!Windows Updateの新Edge自動配布始まる

Windows
アンインストール不可能!Windows Updateで新Edge自動配布開始

2020年6月3日、MicrosoftはWindows Update経由でChromium Edge(新Edge)の自動配布を開始しました。

従来の手動でのインストールとは異なり、Windows Update経由でインストールした場合アンインストールはできません。

旧Edgeを使う必要がある人は、Blocker Toolkitで自動配布をブロックしましょう。

MicrosoftのChromium EdgeがWindows 10へのロールアウトを開始

配布は段階的に行われる

Windows 10の新しいEdgeの更新は段階的に展開されているようで、Windows 10バージョン2004、バージョン1909または1903に進む前に、まずWindows 10バージョン1803および1809に表示されます。

実際、筆者のWindows 10 1909にはまだ配布されていません。

アンインストールできない

Microsoftは、ブラウザーのレガシーバージョンは非表示になり、Windows Update経由でインストールされた新しいChromium Edgeを削除することはできないと説明しています。

Windows Update経由で新Edgeをインストールすると、もうアンインストールすることはできません。つまり旧Edgeに戻れなくなります。

手動インストールした新Edgeもアップデート対象

アップデート対象は旧Edgeだけではありません。手動インストールした新Edgeもアップデートされます。

旧Edgeの時と同様にアンインストールすることはできません。

「Blocker Toolkit」で自動配布を無効にできる

旧Edgeを使う必要があるなど自動配布されると困る人は、「Blocker Toolkit」で自動配布をブロックしましょう。

新Edge更新プログラム

・KB4559309

インストールの前提条件

Windows 10 1909 / 2004

追加の更新プログラムは必要ありません。

Windows 10 1903

【推奨】
・KB4517389

【オプション】
・KB4517211

Windows 10 1809

【推奨】
・KB4523205

【オプション】
・KB4520062

Windows 10 1803

【推奨】
・KB4525237

【オプション】
・KB4519978