[SCCM]Office 365 ProPlusのFU・QU更新プログラムの配信は簡単!

SCCM
[SCCM]Office 365 ProPlusのFU・QU更新プログラムの配信は簡単!

WSUS 単体では Office 365 ProPlus の更新プログラムの配信ができませんが、SCCM を使用するととても簡単に配信できます。

画面キャプチャー付きで配信の操作手順をご紹介します。

前提

今回例としてご紹介するのは、1809から1902へのFU手順です。

ただ、FUもQUも手順は同じです。

手順

展開ウィザードの起動

ソフトウェアライブラリ > 概要 > Office365クライアント管理 > Office365の更新プログラム > 1902への更新プログラムを指定 > 展開
展開を選択

これで展開ウィザードが起動します。

展開の全般情報の指定

▼展開名、展開先クライアントPCのコレクションを指定し、[次へ]ボタンをクリック
全般情報

展開設定の指定

▼デフォルトのまま[次へ]ボタンをクリック
展開設定の指定

スケジュールの構成

▼デフォルトのまま[次へ]ボタンをクリック
スケジュールの構成

通知とユーザー側の操作の指定

▼デフォルトのまま[次へ]ボタンをクリック
通知とユーザー側の操作の指定

アラートオプションの指定

▼デフォルトのまま[次へ]ボタンをクリック
アラートオプションの指定

ダウンロード設定の指定

▼デフォルトのまま[次へ]ボタンをクリック
ダウンロード設定の指定

確認・完了

▼設定内容を確認して・・・
概要

▼完了!
完了

展開の確認

▼「展開の開始日時」になると、コレクションへの展開が行われます
展開状況

「インストール済」や「準拠率」で、更新プログラムの展開状況が分かります。

最後に

SCCM による Office 365 ProPlus のFU配信は意外に簡単だったのではないでしょうか。

WSUS が Office 365 ProPlus の更新プログラムを配信できない今、柔軟に展開・適用できるのは SCCM しかありません。