SCCMでWindows10をOS展開!~Hyper-Vの仮想マシンにSCCM用のADサーバをセットアップしよう!

SCCM
SCCMでWindows10をOS展開!~Hyper-Vの仮想マシンにSCCM用のADサーバをセットアップしよう!

前回は、Hyper-V だけで SCCM の全ての環境を完結させる構成をご紹介しました。

今回から、いよいよ各サーバ(仮想マシン)のセットアップを行います。

まずはADサーバからいってみましょう!

大事な大事な公式ドキュメント

大事な大事な公式ドキュメント

以前の記事で、Microsoft から提供されている公式ドキュメントについてご紹介しました。

・SCCMの環境の構築

・OS展開の手順

SCCM 環境の構築やOS展開は、基本的にこれらのドキュメントをベースに行っています。

当然分からない部分があったり、より詳細な情報が必要な場合がありますが、そんな時は公式のドキュメントサイトをあたっています。

ググっても結局ここにたどり着くことが多いです。

SCCM に関しては分かりやすいドキュメントがほとんど存在しないため、公式情報を元に手探りで進めるしかありません。

最低限
・SCCM(CB)_評価ガイド_環境構築編
・SCCM2012_OS展開_起動メディア編_1.0
には目を通すようにしましょう。

Hyper-Vホストサーバの共有フォルダに各種ファイルを集めておこう

Hyper-Vホストサーバの共有フォルダに各種ファイルを集めておこう

で、必要なファイル群をご紹介しました。

これらのファイルは仮想マシンで使用します。

Hyper-Vホストサーバの適当な場所に共有フォルダを作成し、必要なファイルを放り込んでおきましょう。仮想マシンの中からアクセスできますので、とても便利です。

Windows Server 2016のインストール

Windows Server 2016のインストール

Windows Sever 2016 のISOファイルを、ADサーバの仮想マシンのDVDドライブにマウントします。

マウントしたら、DVDドライブから仮想マシンをブートします。

OSのインストーラが起動しますので、いい感じでセットアップしましょう。

とりあえずこれだけは忘れないようにしておけばOKです。

  • ドメインのファイアウォールは無効
  • ローカル管理者であるAdministratorを有効にする
  • Administratorのパスワード期限は無期限
  • IPアドレスを固定で設定
  • WORKGROUPに所属

ドメインの構成

ドメインの構成

手順は「SCCM(CB)_評価ガイド_環境構築編」のまんまです。
同じ内容を書いてもムダですので、手順が載っている場所だけ記載しておきます。

4.1 Active Directory ドメイン サービスの構築

手順書通り進めればあっさり終わります。

・設定値は自身の環境に読み替えてください
・ドメインの管理者(AZS¥Administrator)のパスワード期限は無期限にしておきましょう

4.2 DNS 逆引き参照ゾーンの作成

これも手順書通りであっさり終わります。

・設定値は自身の環境に読み替えてください

後でやること

後でやること

ADサーバの設定は
5.1 Active Directory の設定
が残っていますが、それは SCCM サーバを構築した後に行います。

後の記事で改めて触れます。

最後に

現時点でのADサーバのセットアップはこれで終了です。

結構簡単に終わったのではないでしょうか。

次回は SCCM サーバのセットアップを行います。