[Windows 10 KB5001567]印刷できない問題を修正する更新プログラムが定形外リリース!

Windows
[Windows 10 KB5001567]印刷できない問題を修正する更新プログラムが定形外リリース!

Windows 10 20H2、2004、1909、1803/1809 向けの2021年3月累積更新プログラムに、ブルースクリーンが発生する不具合があると「Windows Latest」が報じました。

一部のプリンタードライバーとの相性が悪いようです。

Microsoftも問題を認識していますが、調査中で修正される見通しは立っていません。< 2021年3月15日の週に修正される見込みです。
(2021/3/16)2021年3月16日に修正プログラムKB5001567、KB5001566、KB5001568、KB5001565がリリースされました。

(2021/3/17)画像印刷の一部が抜ける問題が修正されていないようです。

(2021/3/19)Microsoftが印刷に関して複数の問題があることを認めました。数日中に修正プログラムがリリースされる見込みです。

(2021/3/19)複数の印刷問題を修正する定形外の更新プログラムがリリースされました。

(2021/3/19追記)複数の印刷問題を修正する定形外の修正プログラムがリリース

Windows 10 2004/20H2 向けの「KB5001649」、1909向けの「KB5001648」などがリリースされました。

▼詳しくはこちら

(2021/3/19追記)Microsoftが印刷に関して複数の問題があることを認める

Microsoftは以下のように印刷に関する問題がまだ残っていることを認めました。

2021年3月9日または2021年3月15日にリリースされたアップデートをインストールした後、一部のアプリから印刷すると予期しない結果が生じる場合があります。問題には次のものが含まれる。

  • バーコード、QRコード、ロゴなどのグラフィック要素など、ドキュメントの要素が黒一色/カラーボックスとして印刷されるか、欠落している可能性がある。
  • テーブルの行が欠落している可能性があります。他の配置またはフォーマットの問題も存在する可能性がある。
  • 一部のアプリまたは一部のプリンターから印刷すると、ページまたはラベルが空白になる場合がある。

私たちは解決に取り組んでおり、解決策が数日中に利用可能になると見積もっている。

(2021/3/17追記)画像印刷の一部が抜ける

リコーの情報によると、画像の一部が抜けて印刷されてしまう問題が解消されていないようです。

現時点でこの問題を解消するには、2021年3月累積的な更新プログラム(「B」リリース)と、2021年3月オプション累積的な更新プログラム(「C」リリース)の両方をアンインストールする必要があります。

情報ソース抜粋

フォトビューアーによる画像印刷(JPG、TIFF、PNGなど)を実施すると画像の一部が抜け正常に印刷ができなくなる問題が発生しております。

不具合の発生するセキュリティ更新プログラム一覧

  • Windows 10 Version 20H2 の累積更新プログラム(KB5000802)または(KB5001567)
  • Windows 10 Version 2004 の累積更新プログラム(KB5000802)または(KB5001567)
  • Windows 10 Version 1909 の累積更新プログラム(KB5000808)または(KB5001566)
  • Windows 10 Version 1903 の累積更新プログラム(KB5000808)または(KB5001566)
  • Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム(KB5000822)または(KB5001568)
  • Windows 10 Version 1803 の累積更新プログラム(KB5000809)または(KB5001565)

■補足
本現象は当該KB適用の影響により発生するものであり、リコー製の複合機またはプリンターからの印刷に限らず発生する問題であることが報告されています。

(2021/3/16追記)問題を修正するオプション累積的な更新プログラムがリリース

オプション累積的な更新プログラム

  • Windows10 20H2/2004 : KB5001567
  • Windows10 1909/1903 : KB5001566
  • Windows10 1809 : KB5001568(EnterpriseおよびEducationエディション)
  • Windows10 1803 : KB5001565(EnterpriseおよびEducationエディション)

この修正は2021年4月 累積的な更新プログラム(「B」リリース)にも含まれます。

Windows 10 version 20H2

オプション累積的な更新プログラム

・KB5001567

サービススタック更新プログラムについて

サービススタック更新プログラムは累積的な更新プログラムに統合されました。

Microsoft では、オペレーティング システムの最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) と、最新の累積的な更新プログラム (LCU) を組み合わせました。 0x800f0823 – CBS_E_NEW_SERVICING_STACK_REQUIRED というエラーが発生した場合は、この LCU をインストールする前に、エラー メッセージを閉じ、最後のスタンドアロンSSU(KB4598481)をインストールします。 今後の更新プログラムでは、この SSU (KB4598481) を再インストールする必要はありません。

・KB4598481

Windows 10 version 2004

KBは Windows 10 version 20H2 と同じです。

Windows 10 version 1909

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5000908

オプション累積的な更新プログラム

・KB5001566

Windows 10 version 1809

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5000859

オプション累積的な更新プログラム

・KB5001568

Windows 10 version 1803

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB4580398

オプション累積的な更新プログラム

・KB5001565

↓以降の情報は更新しておりません。↓


(2021/3/15追記)不具合の詳細と対策方法

Microsoftが不具合の詳細と対策方法、修正の見通しを発表しました。

不具合の詳細

Type 3のプリンタードライバーしかインストールされていないプリンターを使用すると、今回の不具合が発生する可能性があります。

問題が発生する可能性があるかどうか、以下の方法で確かめることができます。

▼「Windowsの設定」 > “プリンターとスキャナー” を検索
Windowsの設定画面

▼[プリントサーバープロパティ]を選択
プリンターとスキャナ

▼プリンタードライバーの種類が「Type 3」の場合に問題が発生する可能性があるとのこと
プリンタードライバーの種類

ちなみに筆者の環境では問題は発生しませんでした。必ず発生するわけではないようです。

対策方法(64bit OSで32bitアプリケーションを使用している場合)

現在のAttributes値を確認する

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Xg /n "プリンタードライバー名"

▼例
コマンド実行

プリンタードライバー名は以下の手順でコピーできます。

▼プリンタードライバー名を選択 > [プロパティ]選択
ドライバープロパティ

▼名前をコピー
プリンター名コピー

▼コマンドを実行するとこんな画面が表示され、Attributes値を確認できます
Attribute

Attributesに”Direct”を追加する

Attributesに”Direct”が含まれていない場合、追加します。

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Xs /n "プリンタードライバー名" attributes +direct

▼attributesに”direct”が追加されます
attributes追加後

対策方法(64bit OSで64bitアプリケーション、32bit OSで32bitアプリケーションを使用している場合)

Microsoftのビデオで対策が紹介されています。ただ、Windows ADKをインストールしてアプリケーションごとに互換性の設定をしなければならず、一般の方にとっては少し難しいと思います。

そこまでするぐらいなら、修正プログラムを待つか、一時的に累積的な更新プログラムをアンインストールすることをおすすめします。

修正の見通し

3/15の週に修正される見込みです。

MicrosoftはWindows 10 2021年3月の累積的な更新プログラムが一部のPCをクラッシュさせていることを確認

不具合の内容

この更新プログラムをインストールした後、一部のアプリで特定のプリンターに印刷しようとすると、ブルースクリーンでAPC_INDEX_MISMATCHエラーが発生する場合があります。

Windows Latestによると、京セラやRICOHなどのプリンターで問題が発生しているようです。

不具合がある更新プログラム一覧

Windows 10のほとんどのバージョンの、2021年3月の累積的な更新プログラムです。

  • Windows 10 1803 KB5000809(OSビルド 17134.2087)
  • Windows 10 1809 KB5000822(OSビルド17763.1817)
  • Windows 10 1909 KB5000808(OSビルド18363.1440)
  • Windows 10 2004/20H2 KB5000802(OSビルド19041.867/19042.867)

今後の見通し

Microsoftはこの問題を認識しています。

現在調査中であり、都度情報を更新します。

まだ見通しは立っていません。

対策

累積的な更新プログラムをアンインストールするしかありません。

▼この記事を参考にしてください