Windows Server 2019向け累積更新プログラム「KB5013941」不具合情報まとめ

Windows
Windows Server 2019向け累積更新プログラム「KB5013941」不具合情報まとめ

累積更新プログラムには不具合修正や追加機能が含まれており、その分不具合も多く発生します。そのため、適用する前に一度不具合情報を確認することをおすすめします。

この記事では2022年5月10日(現地時間)にリリースされたWindows Server 2019向け累積更新プログラム「KB5013941」の不具合・脆弱性情報とそれを回避する方法をまとめています。

(2022/05/12更新)DCに5月の累積更新プログラムをAD認証が失敗する不具合

情報ソース

Windows Server 2019向け累積更新プログラム「KB5013941」不具合情報まとめの主な更新内容

ユーザー報告されている不具合・脆弱性

随時更新予定です。

既知の不具合

エラー

DCに5月の累積更新プログラムをAD認証が失敗する不具合

グループポリシーが更新・リフレッシュされるたびにシステムイベントログに「イベントID:40」が記録される不具合

Windows Server、またはクライアントでグループポリシーが更新・リフレッシュされるたびに、システムイベントログに「イベントID:40」を記録する不具合が確認されています。このエラーは「1つ以上のポリシー設定を適用しようとしたときに、イベントログサービスでエラーが発生しました。」という説明で見つかります。

この問題は、2022年1月11日以降にリリースされた更新プログラムのインストール後に発生します。

この不具合は「コンピューターの構成」>「Windowsコンポーネント」>「イベントログサービス」>「セキュリティ」で設定を構成した後に発生します。

回避策

「コンピューターの構成」>「ポリシー」>「Windowsの設定」>「セキュリティの設定」>「イベントログ」で設定を構成するとこのエラーは発生しません。

Microsoftは現在、解決に取り組んでおり、今後のリリースでアップデートを提供する予定です。

2022年1月11日以降の更新プログラムでバックアップと復元(Windows 7)で作成されたリカバリディスクが起動できない不具合

2022年1月11日以降にリリースされた更新プログラムのインストール後、コントロールパネルのバックアップと復元(Windows 7)アプリを使用して作成されたリカバリディスク(CDまたはDVD)が起動できない可能性があります。

2022年1月11日より前にリリースされた更新プログラムをインストールしたデバイス、サードパーティのバックアップアプリ・リカバリアプリはこの影響を受けません。

回避策

Microsoftはこの不具合を今後のアップデートで修正予定です。

1月の.NET Framework累積に不具合 AD情報取得時にアプリが開かない、0xc0000005エラー

この不具合は1月の累積更新プログラムから発生しています。

▼既に修正パッチがリリースされています。詳しくは以下のリンク先を参照して下さい。

KB5001342以降をインストール後、クラスターサービスの開始に失敗する不具合

KB5001342以降の累積更新プログラムをインストール後、クラスターネットワークドライバーが見つからず、クラスターサービスの開始に失敗する場合があります。

回避策

この不具合はサービスで使用されるPnPクラスドライバーが更新されたために発生します。

再起動後20分以内にフェールオーバークラスターネットワークドライバーが作成されます。この問題はその後の再起動では再発しません。

エラー「0x800f0982–PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND」が表示される不具合

KB4493509をインストールした後、一部のアジア言語パックがインストールされているデバイスは、「0x800f0982–PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND」というエラーを受け取る場合があります。

回避策1

最近追加した言語パックをアンインストールした後、再インストールします。

▼「設定」>「時刻と言語」を開きます。
手順1

▼「言語」タブを選択し、「優先する言語」の欄を確認します。
手順2

▼「優先する言語」で最近インストールした言語を選択し、「削除」します。(画像では英語(アイルランド)になっています。)
手順3

▼一度削除した言語パックを再インストールします。「言語を追加」をクリックします。
手順4

▼一度削除した言語パックを検索し、選択したら「次へ」をクリックしてダウンロードすれば完了です。
手順5

▼ダウンロード後、最近インストールした言語が普段PCで使っている言語であれば「Windowsの表示言語」に選択しましょう。
手順6

<言語パックを再インストールしても問題が軽減されない場合>
ファイルを保持したまま「システムの復元」を行うと問題が軽減される場合があります。

回避策2

2019年4月の累積的な更新プログラムをインストールすると解消する場合があります。 適用されていない場合は、Windows Updateから更新を適用して下さい。

5月の累積更新プログラム一覧

MECM(SCCM)を使えば更新プログラム適用がもっと効率的に!

毎月リリースされる更新プログラムの適用をもっと効率化しませんか?

MECMの機能を使えば、1万台もの大量のPCにも同時に更新プログラムを配布、適用させることが可能です。弊社アーザスではMECMの構築から運用までサポートしています。お気軽にご相談下さい!