配信再開!SCCMでWindows10 1809にアップデートしてみた!

SCCM
配信再開!SCCMでWindows10 1809にアップデートしてみた!

バグ発覚で配信停止されていた Windows 10 October 2018 Update(1809) ですが、2018/11/14に再開されました。

そこで SCCM の機能を使い、実際にクライアントPCをアップデートしてみました。

通称FU(Future Update)と呼びます。機能アップデートのことですね。

今回は SCCM に搭載されている Windows 10 用の機能を使い、極力標準設定のままアップデートしました。

Windows 10 October 2018 Update(1809)とは?

私がつらつら書くより、本家 Microsoft に参考になる記事がありますので、そちらを参照ください。

使ったSCCMのバージョン

今回使った SCCM のバージョンは以下の通りです。

・SCCM version 1806

・Windows ADK version 1809

FUは WSUS 上から存在を確認できます。更に SCCM と連携することで SCCM から配信制御を行うことができます。

それでは実際にFUを行ってみましょう。

FUの流れ

概要

SCCMサーバ作業(FUの展開)

作業時間の目安は4時間程度です。

・更新プログラムをダウンロード
・配布ポイントへ配布
・更新プログラムの展開

クライアント作業

作業時間の目安は8時間程度です。

・クライアントで更新実施

SCCMサーバ作業(展開ステータス確認)

作業時間の目安は1時間程度です。

・クライアントへの適用状況確認

合計所要時間は、WSUS 経由では早くても13時間程度かかります。

SCCMサーバ作業(FUの展開)

更新プログラムをダウンロード

SCCM から対象のFUを選択し、ダウンロード設定を行います。

1803では32bitと64bitがありましたが、1809では項目がまとまっているようです。

配布ポイントへ配布

配布ポイントに配布されるファイルをみると、32bitと64bitの両方のesdファイルがダウンロードされていました。

▼32bit

▼64bit

展開設定

それでは展開を行います。

展開はコレクション単位で行います。

クライアント作業

今回行うのは1803から1809への機能更新アップデートです。

標準の設定では以下のように通知が行われます。



ここから更新作業中は数回再起動が自動で行われ、合計3時間~4時間クライアントの操作ができなくなります。

バージョン確認

無事に1809にアップデートされました!

SCCMサーバー作業(SCCM展開ステータス確認)

最後に、SCCM から対象のクライアントが正常終了したことを確認します。

今回は対象のコレクションからOSビルドを確認するのみとしました。

最後に

最初に触れましたが、今回は SCCM に搭載されている Windows 10 用の機能を使い、極力標準設定のままアップデートしました。

実際のお客様の環境でのFUでは、

・通知はなるべく出したくない(サイレントインストール)
・使用するネットワーク帯域を調整したい
・FUとQU(品質更新プログラム)をまとめて実施したい
・ディスクの暗号化を中断したい
・その他アプリケーションやデバイスの更新も一緒に行いたい

等、細かな設定が必要となります。

このような追加の手順が必要な場合、SCCM を使うとタスクシーケンスで追加の手順を構成し、配信することが可能です。

実際に配信を行いたいけどうまくいかない、そもそもやり方が分からない等、お困りのことがございましたら是非アーザスにご連絡下さい。