[リモートワーク]無料でWeb会議をするならTeams、Zoom、Slack、Discord、Meetのどれがいいの!?[テレワーク]

Teams
[リモートワーク]無料でWeb会議をするならTeams、Zoom、Slack、Discord、Meetのどれがいいの!?

リモートワーク(テレワーク)に欠かせないのがWeb会議です。

Web会議サービスの有料プランはサブスクリプション契約ですので、メンバーそれぞれに月額課金が発生します。正直なるべくお金をかけたくないですよね。

実は無料プランでも、贅沢を言わなければ十分使い物になるんです。

無料で使える代表的なサービス

無料で使える代表的なサービス

  • Microsoft Teams
  • Zoom
  • Slack
  • Discord
  • Google Meet

一般的に名が知られているWeb会議ができるサービスといえば、これらが挙がると思います。

Web会議の機能や制限など、要素別にまとめました。

重要だと思っている要素を満たしているサービスはどれなのか、チェックしてみてください。

【結論】結局どれがよいのか?

もしどれにする?と聞かれたら

  • Microsoft Teams
  • Zoom

のどちらかを選びます。

一通りの機能はありますし、使い勝手も良いです。

次点は「Discord」です。時間制限がどうしてもイヤというのであればこれ一択です。Discordはゲーマー向けという触れ込みではありますが、リモートワークでも結構使えます。

「Slack」は1対1のWeb会議しかできないことが致命的です。グループチャットが主だと考えた方がよいでしょう。

特殊なのが「Google Meet」です。グループチャット機能が無くWeb会議専用です。Web会議しか使わないのであればかなりオススメできます。

全てのサービスにある機能

全てのサービスにある機能

  • 画面共有
  • ファイル共有

リモートワークでは必須なこれらの機能は、全てのサービスで使用できます。

参加者の最大人数

参加者の最大人数

1位タイ

  • Microsoft Teams
  • Zoom
  • Google Meet

100名まで参加可能です。十分でしょう。双方向の有意義な情報交換をする上では100名でも多すぎるぐらいです。

参加人数が100名を超えるような組織は有料版を契約しましょう。

4位 Discord

最大10名です。現在は期間限定で25名に拡張されています。

オフラインで25人集まるような会議はあまりありませんし、これでも十分です。

5位 Slack

意外なことに1対1の会議にしか対応していません。

グループチャットの機能が非常に充実しているだけに少し残念です。

会議の時間制限

会議の時間制限

1位 Discord

なんと無制限です。

2位タイ

  • Microsoft Teams
  • Google Meet

最大60分まで連続して会議ができます。

社内会議なら60分あれば十分だと思います。時間切れになると自動で退室させられるので、改めて会議を開きましょう。そもそも60分を超えるような会議が本当に有意義なのかはちゃんと検討した方がよいでしょうね。

社外の人と会議をする場合は注意が必要です。時間切れになってしまい、相手にもう一度会議に参加してもらう手間は避けるべきです。会議の主催者を有料プランにするなどして、途中で切れてしまうことが無いようにしましょう。

4位 Zoom

40分までです。

なお、1対1の場合は無制限です。

5位 Slack

1対1でしかビデオ会議ができませんので5位としました。

ちなみに時間は無制限です。

参加者はユーザー登録が必要か

参加者はユーザー登録が必要か

不要

  • Microsoft Teams
  • Zoom
  • Slack
  • Google Meet

社外の人と会議する場合は、ユーザー登録が不要な方が参加しやすいです。会議室への招待URLさえあれば参加することができ、相手に余計な手間がかかりません。

必要

  • Discord

Discordは時間制限が無いだけに、ユーザー登録というハードルがあるのが残念です。

社内会議でしか使わないのであれば、特に気にする必要はありません。多くの場合で併用することになるグループチャットはユーザー登録が必要だからです。

背景変更ができるか

背景変更ができるか

意外に盲点なのですが、絶対変更できた方がよいです。

特に社外の人と会議をする場合は必要です。背景に問題が無いような場所を確保できる人ばかりとは限りません。ベッドが映っているような状態はさすがに避けたいところです。

それに社内会議であっても、自宅の様子を公開することに抵抗がある人は多いはずです。

変更できる

  • Microsoft Teams
  • Zoom
  • Google Meet

変更できない

  • Slack
  • Discord

椅子に取付可能なグリーンバックが売っていますので、それで隠す方法もあります。

録画できるか

録画できるか

会議に参加できなかった人と情報共有するには最も手っ取り早いです。

録画できる

  • Zoom

録画できない

  • Microsoft Teams
  • Slack
  • Discord
  • Google Meet

ホワイトボード

ホワイトボード

オフライン会議でもはや必須ともいえるホワイトボードは、オンライン会議でも有効です。

あり

  • Microsoft Teams
  • Zoom
  • Google Meet

拡張機能で追加可

  • Slack

なし

  • Discord

ホワイトボード機能が無かったり、使い勝手が良くない場合は、無料のホワイトボードサービスを使用する手があります。

ブレイクアウトルーム

ブレイクアウトルーム

あり

  • Microsoft Teams
  • Zoom

会議中に別の部屋を作成し自由に出入りできる機能です。グループワークでよく使います。

Zoomにしかありませんでしたが、最近になってTeamsにも実装されました。

なし

  • Slack
  • Discord
  • Meet