[SCCM]RufusでUSBメモリのタスクシーケンスブートメディアを作ろう

SCCM
[SCCM]RufusでUSBメモリのタスクシーケンスブートメディアを作ろう

SCCM でOS展開を行う時に必要となるのがタスクシーケンスブートメディアです。

公式ガイドにはタスクシーケンスブートメディアはDVDなどにコピーすると記載されていますが、今どきDVDは使わないですよね。光学ドライブがいらないUSBメモリの方が何かと楽です。

ただ、USBメモリにISOファイルをコピーするだけではブートメディアとして機能しません。どうすればよいのでしょう?

RufusでUSBブートメディアを作る

Rufus?

USBブートメディアを作るには何らかのツールが必要です。アーザスではフリーソフトの Rufus を使うことが多いです。

USBブートメディア作成に特化しているのでシンプルですし、exeだけで動くのでPC環境を汚しません。

Rufusはこう設定しよう

Rufus画面

①USBデバイス

Rufus を起動すると、PCに挿されているUSBメモリが表示されます。

複数ある場合は間違えないようにしましょう。

②ISOファイル

SCCM で作成したタスクシーケンスメディア(ISOファイル)を選択します。

⑤ファイルシステム

FAT32(規定) を選択します。

③パーティション構成

GPT を選択します。

④ターゲットシステム

UEFI(SCM無効) を選択します。

⑥スタート

USBメモリにISOファイルを書き込みます。

ブートメディアはたくさん用意しよう

OS展開は複数台同時に行うことが普通です。

同時に行う数だけブートメディアが必要ですので、Rufus で作成を繰り返しましょう。

USBメモリの中身をコピーするだけではブートメディアにはなりませんのでご注意を。