[不具合]6月の累積更新プログラムでWi-Fiホットスポット機能を使用できない

Windows
[不具合]6月の累積更新プログラムでWi-Fiホットスポット機能を使用できない

6月の累積更新プログラムをインストールすると、Windowsデバイスで「Wi-Fiホットスポット機能」のホストPCがインターネットに接続できなくなる可能性があります。

この不具合はMicrosoftに既知の不具合として確認されています。

(2022/6/24更新}一部OSで不具合を修正する更新プログラムがリリースされました。

情報ソース

対象OS

クライアント

  • Windows 11
  • Windows 10 21H2/21H1
  • Windows 10 Enterprise LTSC 2019
  • Windows 10 Enterprise LTSC 2016
  • Windows 10 Enterprise 2015 LTSB
  • Windows 8.1
  • Windows 7 SP1

サーバー

  • Windows Server 2022
  • Windows Server 20H2
  • Windows Server 2019
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2008 R2 SP1
  • Windows Server 2008 SP2

不具合が発生している累積更新プログラム

不具合の詳細

この更新プログラムをインストールした後、WindowsデバイスでWi-Fiスポット機能を使用できない可能性があります。

ホットスポット機能を使用しようとすると、クライアントデバイス接続後、ホストデバイスがインターネットへの接続を失う可能性があります。

ホストに接続するデバイスはこの影響を受けず、インターネットに接続できるとのこと。

回避策

解決方法

回避策1

修正が含まれた更新プログラムを適用します。

Windows 11

KB5014668以降の更新でこの不具合は修正されています。

Windows Server 2022

KB5014665以降の更新でこの不具合は修正されています。

Windows Server 2019

KB5014669以降の更新でこの不具合は修正されています。

回避策2

Wi-Fiスポット機能を無効に設定すると、この不具合が一時的に解消されます。

Windows 11

検索バーで「モバイルホットスポット」と検索し、開きます。

モバイルホットスポットの欄を「オフ」に設定して完了です。

Windows 10、8.1、7 SP1

検索バーで「モバイルホットスポット」と検索して開き、モバイルホットスポットの欄を「オフ」に設定して完了です。

回避策3

この更新プログラムをアンインストールすると不具合が解消されることがあります。

※この更新プログラムをアンインストールすると脆弱性や不具合の修正パッチが未適用の状態になります。

▼この更新プログラムで修正される脆弱性・不具合の詳細はこちらを参照して下さい。

▼アンインストールの方法はこちらを参照して下さい。

MECM(SCCM)を使えば更新プログラム適用がもっと効率的に!

毎月リリースされる更新プログラムの適用をもっと効率化しませんか?

MECMの機能を使えば、1万台もの大量のPCにも同時に更新プログラムを配布、適用させることが可能です。弊社アーザスではMECMの構築から運用までサポートしています。お気軽にご相談下さい!