Oracle VM VirtualBoxでSCCMの検証環境を作成しよう~SCCMサーバのセットアップ

SCCM
Oracle VM VirtualBoxでSCCMの検証環境を作成しよう~SCCMサーバのセットアップ

前回は、ADサーバのセットアップについて解説しました。

今回は、SCCM サーバのセットアップについて解説したいと思います。

ここでは、

  • Windows Server 2016 のインストール
  • IPアドレスの設定
  • 公式の評価ガイドを基にSCCMサーバーの構築

を行います。

Windows Server 2016のインストール

Windows Server 2016のインストール

まずは、VirtualBox で作った SCCM サーバに、Windows Server 2016 をインストールします。

詳しい操作方法は、以前の記事を参考にしてください。

IPアドレスの設定

IPアドレスの設定

次に、IPアドレスを設定します。

詳しい操作方法は、以前の記事を参考にしてください。

▼ホストオンリーアダプタを設定しているイーサネットに、固定のIPアドレスを設定します。今回は次のIPアドレスを設定しました。

IPアドレス:192.168.100.201
サブネットマスク:255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ:192.168.100.1
優先DNSサーバ:192.168.100.200

◆NATを設定しているイーサネット側の設定は、「IPアドレスを自動的に取得する」、「DNSサーバのアドレスを自動的に取得する」を選択します。

SCCMサーバの構築

SCCMサーバーの構築

次に、SCCM サーバの構築を行います。

SCCM(CB)_評価ガイド_環境構築編の「4.3 SCCM サーバーのドメイン参加」から手順に沿って設定していきます。

以下の記事に、各設定ごとの解説をしていますので、参考にしてください。

9.2 サイト境界の設定

今回の環境の場合では、以下のように設定します。

・種類:IPサブネット
・ネットワーク:192.168.100.0
・サブネットマスク:255.255.255.0

192.168.100.1~192.168.100.254のIPアドレスを持つPCが管理対象となります。

最後に

今回は、SCCMサーバのセットアップについて説明しました。

次回は、クライアントPCのセットアップについて解説したいと思います。