[定形外リリースKB5001028]Windows 10 1909のWiFi接続でWPA3を使うとブルースクリーンの不具合修正

Windows
[定形外リリースKB5001028]Windows 10 1909のWiFi接続でWPA3を使うとブルースクリーンの不具合修正

2021年2月12日、MicrosoftはWindows 10 1909向けに、Wi-Fi Protected Access 3(WPA3)接続でブルースクリーンとなる問題を修正する更新プログラム「KB5001028」をリリースしました。

定形外(Out of Band)リリースです。

この問題は、2021年1月のオプション累積的な更新プログラム「KB4598298」、もしくは2021年2月の累積的な更新プログラム「KB4601315」を適用したPCで発生します。

WiFiでWPA3接続するとブルースクリーン

Wi-Fi Protected Access 3(WPA3)接続を使用しようとすると、nwifi.sysで停止エラー0x7Eが発生し、ブルースクリーンとなります。

最近リリースされたWindows 10 1909向けの更新プログラム

  • 2021年1月のオプション累積的な更新プログラム「KB4598298
  • 2021年2月の累積的な更新プログラム「KB4601315

のいずれかを適用すると、この不具合が発生します。

問題の更新プログラムを適用してしまった方は、早急に適用しましょう。

セキュリティ更新プログラムの入手先

以下のチャネルから入手できます。

  • Windows Update または Microsoft Update
  • Microsoft Update カタログ
  • Windows Server Update Services (WSUS)

Windows 10 version 1909

累積的な更新プログラムの適用手順

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されているので従いましょう。Windows Updateの場合、自動で適用されます。

・KB4601395

累積的な更新プログラム(定形外リリース)

・KB4594443