[Excelが落ちる]32bit版Office365の月次チャネル(対象限定)バージョン2001で不具合![クラッシュ]

Excel
[Excelが落ちる]32bit版Office365の月次チャネル(対象限定)バージョン2001で不具合![クラッシュ]

不具合が起きるのは「32bit版 月次チャネル(対象限定) バージョン2100 (ビルド 12430.20050)」です。(2020/1/17)

2020年1月14日にOffice 365の「月次チャネル(対象限定)」が更新され、バージョン2100 (ビルド 12430.20050) となりましたが、Excelが落ちる現象が多発しているようです。

32bit版の「月次チャネル(対象限定)」の同僚がその現象に当たってしまいました。パレットの色と実際のセル色が違う、シートをコピーすると落ちるなど、使いものになりません。

Microsoftから修正版がリリースされるまでの間は、前のビルドにロールバックして待ちましょう。

Microsoftからアドバイザリが出た

アドバイザリ

  • 印刷、マクロの実行、ズームの使用などのシナリオでクラッシュする可能性がある
  • 2020年1月17日(金)に前のバージョンに戻せるかも(戻すとは言っていない)
  • バージョン2001、ビルド12430.20050、32bit版、Excel、英語以外の言語、Insider Slow(月次チャネル(対象限定))、の条件下でクラッシュ

前のビルドにロールバック

戻りたいバージョンのビルド番号を調べる

▼問題が発生している「月次チャネル(対象限定)」は、バージョン2100 (ビルド 12430.20050) です。

今回は一つ前のビルド、バージョン1912 (ビルド 12325.20288) にしてみましょう。

以下のサイトで前のビルド番号を調べます。

January 08, 2020
Version 1912 (Build 12325.20288)

ビルド番号が分かったら、番号の先頭に “16.0.” を追加した

16.0.12325.20288

をメモしておきましょう。後で使います。

Office 365のアプリケーションを全て閉じる

開いている状態では更新できませんので、全て閉じましょう。

C2Rクライアントでロールバック

管理者権限のコマンドプロンプトを起動

スタートボタン > [Windowsシステムツール] > [コマンドプロンプト]を右クリック > [その他] > [管理者として実行]

C2Rクライアントのフォルダへ移動

コマンドプロンプトで以下を入力します。

cd "C:\Program Files\Common Files\microsoft shared\ClickToRun"

ビルド12325.20288へロールバック

メモしておいた

16.0.12325.20288

を指定し、Office 365をロールバックします。

コマンドプロンプトで以下を入力します。

officec2rclient.exe /update user updatetoversion=16.0.12325.20288

すると・・・

▼インストーラーをダウンロード

▼インストール中

▼ロールバック終了

念のためバージョンを確認

▼ちゃんと バージョン1912 (ビルド 12325.20288) に戻っていますね

自動更新をオフに

せっかくロールバックしたのに問題のバージョンにアップデートされると困るので、自動更新はオフにしておきましょう。

こちらを参考にしてください。

問題が無いなら月次チャネルか半期チャネルに

月次チャネルの検証用に必要、いち早く新機能を使いたい、というようなモチベーションが無いのであれば、「月次チャネル(対象限定)」にする必要はないと思います。「月次チャネル」か「半期チャネル」にしましょう。

特に仕事で使う場合は安定性を優先すべきです。

最後に

Office Insiderとはいえ致命的ですので、近々修正プログラムがリリースされると思います。