[Windows]2020年1月のオプション累積更新プログラム「C」リリース

Windows
[Windows]2020年1月のオプション累積更新プログラム「C」リリース

一部のユーザーでブルースクリーンが発生しているようです。(2020/2/3)

2020年1月29日に、2020年1月のオプション累積更新プログラム「C」リリースがリリースされました。

不具合情報

一部のユーザーでブルースクリーンが発生

問題が発生している場合、Microsoftが来月パッチを発行するまでKB4532695をアンインストールすることをお勧めします。

インストール方法

以下のチャネルからインストール可能です。

  • Windows Update または Microsoft Update
  • Microsoft Update カタログ
  • Windows Server Update Services (WSUS)

Windows Updateの自動更新ではインストールされません

オプション扱いですので、「Windows Update」画面で手動でインストールしましょう。

来月の「B」リリースに含まれます

今回の更新プログラムは「C」リリースですので、2020年2月の「B」リリースに含まれます。

「B」リリースとは、毎月第2火曜日にリリースされる累積的な更新プログラムのことです。月例パッチと呼ばれることもあります。

Windows 10 version 1909

サービススタック更新プログラム

・KB4528759

Microsoft が強く推奨していますので事前にインストールしましょう。Windows Update の場合は自動でインストールされます。

オプション累積更新プログラム「C」リリース

・KB4532695

Windows 10 version 1903

KBはWindows 10 version 19099と同じです。

Windows Server 2019

KBはWindows 10 version 19099と同じです。

やっつけ感満載

今回の更新プログラムで、今まで問題になっていた不具合がようやく修正されました。が・・・

▼雑すぎる
コンテキスト