[復旧]Web版のOutlookにアクセスできない・Microsoft 365の一部の機能が使えない(MO289250)

不具合
[障害]Web版のOutlookにアクセスできない・Microsoft 365の一部の機能が使えない(MO289250)

2021年10月5日の7時頃から、Web版のOutlookにアクセスできなかったり、Microsoft 365で一部の機能が使用できない障害が発生しています。

14:30過ぎに障害は復旧しました。

Microsoft公式Twitterによるアナウンス

サービス正常性 – インシデント

タイトル

Web上のOutlookにアクセスできない、またはMicrosoft 365サービス全体で一部の機能が利用できない場合があります。

ユーザーへの影響

ユーザーは、Web上のOutlookにアクセスできないか、Microsoft365サービス全体で一部の機能を利用できない場合があります。

影響の詳細

  • ユーザーは Web 上の Outlook にアクセスできない場合があります。
  • Exchange Online、Microsoft Teams、SharePoint Online で検索機能が使えない場合があります。
  • eDiscovery のデータが Exchange Online や Microsoft Teams でアクセスできない場合があります。
  • Microsoft Teams に最近アップロードされたファイルが一時的にアクセスできなくなることがあります。
  • Microsoft Security Center および Security and Compliance Center へのサインインにも影響があり、ユーザーがポリシーを読み込む際に「リソースが見つかりません」というエラーが発生する可能性があります。また、これらのセンターの他のシナリオでは、権限/ロールベース アクセス コントロール (RBAC) エラーが発生する可能性があります。
  • オンプレミスのメールフローではキューイングが発生する可能性がありますが、影響は最小限に抑えられるはずです。

現在の状況

モニタリングの結果、対象となるすべての環境で改善が見られました。同時に、目標とした緩和策を継続しており、約90%の回復を達成しています。今後も進捗状況を確認し、必要に応じて最新情報を提供していきます。

影響の範囲

影響を受けるのは、影響を受けたインフラを通じてサービスを提供しているユーザーのみです。

開始時間

2021年10月5日(火)午前7時42分

根本原因

最近の構成更新により、ユーザーがウェブ上の Outlook にアクセスできなかったり、複数の Microsoft 365 サービスで一部の機能を使用できなかったりする可能性があります。

最後に

最新のツイートを見る限り、少しづつ復旧に向かっているようです。