Windows 11が正式リリース!ISOファイルやメディア作成ツールもダウンロード可能に

Windows
Windows11正式リリース

2021年10月5日(日本時間)にWindows 11が正式にリリースされました。Windows 11に対応したPCにはWindows Updateを通してWindows 11へのアップグレードが順次配信されています。また、ISOファイルなども正式リリースされています。

(2021/10/6更新)「Windows 11に対応しないPCにはWindows 11のインストール時に警告が表示されます」、「Windows 11に対応していないPCでWindows 11インストール時の警告を回避する方法」を追記

Windows 11をインストールする方法

Windows 11をインストールする条件

Windows 11の最小要件を満たしている必要があります。Microsoftが提供する「PC正常性チェックアプリ」を使うと、お使いのPCがWindows 11に対応しているか確認可能です。

▼「PC正常性チェックアプリ」の使い方についてはこちらの記事を参照して下さい。

Windows Updateでアップグレードする

Windows update
Windows Updateを通してWindows 10からWindows 11へアップグレードが可能です。

Windows 11に対応しているPCは順次Windows 11へアップグレードが利用可能になります。利用可能になるまでは、お使いのPCにWindows 11の機能更新プログラムが提供されるまで待つことをおすすめします。

▼Windows 11に対応したPCの場合、Windows Updateに「このPCでWindows 11を実行できます」と表示されます。
Windows11対応

Windows 11へ勝手にアップグレードされることはありません。

手動でインストールする

Microsoftからダウンロード

今すぐWindows 11にアップグレードしたい場合、Windows 11のインストールメディアを作成する場合は、手動でのインストールも利用可能です。

▼以下のリンクからWindows 11をダウンロードすることができます。

リンク先では以下の3種類がダウンロード可能です。

  • Windows 11インストールアシスタント
  • Windows 11インストールメディア作成ツール
  • Windows 11のISOファイル

Windows 11インストールアシスタント

Windows 10のPCをWindows 11へアップグレードするためのツールです。

インストールアシスタントを使用すると、Windows Updateのアップグレードを待つことなくPCをWindows 11にアップグレードすることが可能です。

Windows 11インストールメディア作成ツール

Windows 11のインストールメディアを作成するためのツールです。クリーンインストールの際に使用します。

Windows 11のISOファイル

Windows 11のイメージファイルです。これだけでもWindows 11をインストールすることができます。

ボリュームライセンスサービスセンターやVisual Studio Subscriptionsからもダウンロード可能

ボリュームライセンスサービスセンターやVisual Studio SubscriptionsでもWindows 11のISOファイルをダウンロードすることが可能です。

ボリュームライセンスサービスセンターのみ「Windows 11Enterprise」のISOファイルがダウンロード可能です。

Windows 11に対応しないPCにはWindows 11のインストール時に警告が表示されます

リスク

Windows Updateを介して品質更新プログラムが正常に受け取れない可能性などのリスクが生じるため、Microsoftは最小要件を満たさないPCへのWindows 11を推奨していません。そのため、Windows 11に対応していないPCには、Windows 11のインストール時に警告が表示されます。

▼Windows 11のインストール時に表示される警告の詳細は以下リンクを参照して下さい。

▼Windows 11に対応しないPCにWindows 11をインストールした場合に生じるリスクについてはこちらの記事を参照して下さい。

Windows 11に対応していないPCでWindows 11インストール時の警告を回避する方法

どうしてもWindows 11をインストールしたい場合のみこの方法を試して下さい。レジストリの編集は慎重に行わないとPCに異常が発生し、最悪の場合は起動しなくなってしまいます。

Microsoftによって、Windows 11に対応していないPCにWindows 11をインストールする場合に表示される警告を回避する方法が公表されています。

Microsoftは、Windows 11の最小システム要件を満たしていないデバイスにWindows 11をインストールしないことをお勧めします。これらの要件を満たさないデバイスにWindows 11をインストールすることを選択し、リスクを認識して理解している場合は、以下のレジストリの値を作成すると、TPM 2.0(少なくともTPM 1.2が必要)のチェックを回避可能です。

以下のレジストリキーの値を「1」に設定して下さい。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\MoSetup\AllowUpgradesWithUnsupportedTPMOrCPU

Windows 11のキッティング情報

▼クリーンインストールなどWindows 11のキッティング情報についてはこちら

MECM(SCCM)でOS展開も効率的に!

MECMの機能を使えば1万台のPCでも一度にOS展開を行うことが可能です。弊社アーザスはそういったMECMサービスに精通したスタッフが多数在籍しておりますので、是非お気軽にご相談下さい!