[Microsoft 365アプリ]2023年1月の半期/月次チャネル更新プログラム公開!

更新プログラム
[Microsoft 365アプリ]2023年1月の半期/月次チャネル更新プログラム公開!

2023年1月10日(現地時間)、MicrosoftからMicrosoft 365 Appsの更新プログラム(セキュリティ更新プログラム、機能の更新プログラムを含む)が公開されました。

今月は月次エンタープライズチャネル「2211」、「2210」、半期エンタープライズチャネル「2208」、「2202」がリリースされています。

今月のリリースには重要度「Important」の脆弱性6件の修正が含まれています。

記事の対象チャネル

  • 月次エンタープライズチャネル
  • 半期エンタープライズチャネル

更新プログラムの入手先

以下のチャネルから入手できます。

  • WSUS・MECM(SCCM)
  • Microsoft 365 Appsデプロイツール
  • Microsoft 365 Appsポータル

2023年1月のセキュリティ更新内容

以下の重要度「Important」脆弱性6件が修正されています。

◆【Excel】
・2022年8月の更新プログラムKB5017166で導入された「一時的に古い動作を復元する」メカニズムを削除します。

◆【Visio】
・Microsoft Office Visio のリモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2023-21736,CVE-2023-21737,CVE-2023-21738)

・Microsoft Office Visio の情報漏えいの脆弱性(CVE-2023-21741)

◆【Office Suite】
・Microsoft Office のリモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2023-21734,CVE-2023-21735)

半期エンタープライズチャネル

semi_annual

バージョン 2202

セキュリティ更新プログラム

セキュリティ更新内容を参照して下さい。

Word

◆【解決された問題】
・Microsoft 365 が Windows Server 2016 に展開されているときに、読み上げ機能が利用できない問題を修正

バージョン 2208

セキュリティ更新プログラム

セキュリティ更新内容を参照して下さい。

Access

◆【解決された問題】
・一部のユーザーが既存のインポート/エクスポート仕様で「DoCmd.TransferText」を使用できない問題を修正

・「現在のレコードがありません」というエラーやその他のメッセージが表示される問題を修正

・ローカライズされた小数点記号が正しく機能しない問題を修正

・2019リボンにデータバースが表示されていた問題を修正

・SharePoint リストへのリンクを含むデータベースで Access データベース エンジン OLEDB API を使用すると、アプリケーションが予期せず終了する可能性がある問題を修正

・一意の識別子列でUnicode文字を選択しようとしたときに発生する問題を修正

・SAチャネルで以前に 1 秒で実行されたユーザーからの既存のコードが、現在のチャネルで実行するのに 13 分かかっていたパフォーマンスの問題を修正

・ACCDE/MDEファイルを開く時、「要求されたタイプ ライブラリまたはウィザードは VBA プロジェクトではありません」というテキストのエラーメッセージを受け取る場合がある問題を修正

・添付ファイルまたは複数値フィールドを持つテーブルが選択されている場合、レポート、ラベル、またはクエリ ウィザードを起動すると、Access が応答しなくなる可能性がある問題を修正

・一部のユーザーが既存のインポート/エクスポート仕様で DoCmd.TransferText を使用できない問題を修正

・ExcelのVBAコードでDAO レコードセットを反復処理するときにメモリの問題が発生する可能性がある問題を修正

・DAOまたはOLEDB インターフェイスを使用してAccess データベースを読み取るアプリケーションのメモリ使用量が急速に増加する可能性がある問題を修正

Excel

◆【解決された問題】
・新しく作成されたファイルを編集するときに、ビジネス バーのラベルが正しくアップロードされない問題を修正

・Excel スプレッドシートを閉じたときに、特定のケースで OneDrive サーバーのファイル ロックがすぐに解除されない問題を修正

・フォントを操作しているときにアプリが予期せず終了する問題を修正

・文字「j」が正しく挿入されない問題を修正

・[Office 2016 Visual Refresh、Office 365 Visual Refresh]作業ウィンドウとダイアログで、カラフル テーマとホワイト テーマのホバーおよび押されたスライダーの表示が改善されました。

・データ領域のピボットテーブルのコンテキストメニューに [詳細を表示] オプションが表示されない問題を修正

・パスワード キャッシュ機能が MSQuery x64 ビルドで機能しない問題を修正

・データ検証ルールを持つセルがある場合にパフォーマンスに影響を与える可能性がある問題を修正

・グラフのセル参照が正しく表示されない問題を修正

・[ファイル] > [閉じる] を選択するか、Ctrl キーを押しながらWキーを押して最後のブックを閉じると、Excel が完全に閉じてしまう問題を修正

・.xls 形式の共有ブックが変更を不適切にマージする可能性がある問題を修正

・AMSI スキャンによってアプリが予期せず終了する問題を修正

・ファイルに既にラベルがある場合でも、必須の機密ラベルが必要であることを示すメッセージ バーが Excel に表示される問題を修正

・復元されたファイルが読み取り専用として開かれる問題を修正

・Excelが過剰なメモリを消費する問題を修正

・グラフシートを含むワークブックでVBA スクリプト/アドインを実行すると、Excel が予期せず終了する可能性がある問題を修正

・署名が現在フォーカスされている場合、署名ワークブックの署名がズーム時に無効になる問題を修正

・Word ファイルが OneDrive for Business に保存されている場合、ユーザーが Word を OLE オブジェクトとして Excel に挿入できない問題を修正

・少量のランダムな数式が再計算されない状態でスタックしていた問題を修正

・大規模な XMLデータソースからPower Queryを使用してデータを更新しようとすると、エラーが発生する可能性がある問題を修正

・一般数値形式のロケール固有の値が正しく計算されていなかった英語以外のロケールの問題を修正

・Office レンダリング コードで応答が予期せず停止する問題を修正

・Windows 11 の特定の古いビルドを使用している場合のExcelおよびProjectでのレンダリングに関する問題を修正

・数式バーの視覚的な不具合を修正

・Wordでスケッチしたアウトラインを画像に適用して保存すると、ファイルをコピーしてPowerPointおよびExcelに貼り付けると使用できなくなる問題を修正

・フィルター処理されたセルまたは非表示のセルに含まれる画像に関するExcel の問題を修正

・グラフのライブプレビューを表示しているときにExcel が予期せず終了する問題を修正

◆【その他】
この更新プログラムにより、Excel 3D Maps接続が更新されます。TLS 1.1 の使用が廃止され、TLS 1.2 を使用するようになります。

▼詳しくは以下のリンクを参照してください。

OneNote

◆【解決された問題】
・Office レンダリング コードで応答が予期せず停止する問題を修正

・アプリが予期せず終了する原因となっていた問題を修正

Outlook

◆【解決された問題】
・Officeレンダリングコードで応答が予期せず停止する問題を修正

・ユーザーがサード パーティの会議プロバイダーの既定のオンライン会議オプションを管理するための正しい設定を見つけられない問題を修正

・Viva Insights アドインを開こうとすると、一部のユーザーに灰色のボックスが表示される問題を修正

・イベントベースのアドインがバックグラウンドで実行されているときに電子メールを返信または転送すると、アプリが予期せず終了する問題を修正

・Outlook イベント ベースのアドインが正しく機能しない問題を修正

・「他に移動」機能が正しく応答しなくなる問題を修正

・Outlook が複数の Exchange アカウントで実行されており、それらの少なくとも 1 つが (キャッシュ モードではなく) オンライン モードである場合に、メッセージが送信されないという問題を修正するレジストリ キー「HkCU\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\RPC REG_DWORD UseInclusiveGlobalOfflineCapabilities デフォルト: 0」を定義しました。

値「1」でxchange アカウントを持つプロファイルのグローバル オフライン機能を調整して、集計/計算の制限を緩和します。

・暗号化のみおよび転送不可テンプレートを使用するメッセージが、オブジェクトモデルを介して予期しないアクセス許可を返す問題を修正

・モダングループ関連のダイアログが大きく壊れる原因となっていた問題を修正

・クラウド設定の使用時に一部のトグル タイプ オプションが正しく同期されない問題を修正

・新しいアプリバーでアプリを右クリックすると、Outlook が予期せず終了することがある問題を修正

・ユーザーが左側のレール ナビゲーション バーにジャーナル モジュールを表示する原因となっていた問題を修正

・サービスURLを指定せずに OneDrive for Business エンドポイントに接続すると、起動中にOutlook が予期せず終了する問題を修正

・ユーザーがローカルの連絡先グループを展開しようとすると、「要求された操作を実行できません…」というエラーが表示される問題を修正

・一部のペルソナ カードを表示すると、ユーザーが予期せず終了する問題を修正

・簡素化されたリボンの使用時に、カスタマイズ クイック アクセス ツールバー ファイル (.exportedUI) がインポートされない問題を修正

・起動直後にアプリケーションが予期せず終了する問題を修正

・フィードバックのクリック、もしくは送信時にOutlook が予期せず終了する問題を修正

・一部の診断シナリオで、ユーザーが Outlook での応答の停止を予期する原因となっていた問題を修正

・サービス通知を無効にしたユーザーに、通知サービスが無効であることを示す非推奨のUI が表示される問題を修正

・フィードバックを送信したり、サポートに連絡したりするときに、ユーザーが認証プロンプトを受け取る原因となっていた問題を修正

・すべての送信済みアイテムのコピーが送信トレイ フォルダーに表示される問題を修正

・特定の状況でレンダリングされた共有予定表の複数のコピーがユーザーに表示される問題を修正

・複数のメールアイテムを [優先] から [その他] または [その他] から [優先] に移動すると、移動するメッセージのサブセットのみが表示される問題を修正

・メールへの返信時に参照と返信先ヘッダーが削除され、件名が変更される問題を修正

・キャッシュされた Outlook プロファイルからオンラインアーカイブにフォルダーを移動すると、クライアント同期ウィンドウ外のメールが失われる問題を修正

・半期チャネル (バージョン 2202) の Outlook デスクトップのユーザーが、共有フォルダーや予定表での同期エラー、配信済みメッセージの NDR の受信、検索などの症状を引き起こすプロファイル破損の問題を経験する原因となっていた問題を修正

・ユーザーが特定の連絡先に応答しようとすると予期せず終了する問題を修正

・共有予定表の改善機能が有効になっている場合、会議室メールボックスの代理人に転送されたすべての会議出席依頼に「応答は必要ありません」と表示される問題を修正

・適切なアクセス許可を持っているにもかかわらず、代理人が共有の連絡先フォルダーを開くことができない問題を修正

・[Exchange 2019]Outlook検索結果のメッセージに返信インジケーターアイコンが表示されない問題を修正

・メッセージに返信または転送するときに、ユーザーがリンクされた画像を読み込めない問題を修正

・特定の状況でレンダリングされた共有予定表の複数のコピーがユーザーに表示される問題を修正

・Room Finder GCC-High 環境で読み込まれない問題を修正

・LDAPアドレス帳を検索するときに、「試行された操作は失敗しました。オブジェクトが見つかりませんでした」というエラーメッセージが表示される問題を修正

・ユーザーが会議室のメールボックスを予定表に追加できない問題を修正

・[共有予定表を開く] を使用しているときに、ナビゲーション ウィンドウで予定表が選択されない問題を修正

・共有予定表を追加した後、それらが選択されていない状態になる問題を修正

・フォルダーを削除するときに予期せず終了する問題を修正

・モダングループを共有予定表として追加すると、適切なエラーメッセージが表示されず、Outlook がサイレントモードで失敗する問題を修正

◆【その他】
・この更新プログラムにより、サード パーティのミーティング アプリケーションの [Every Meeting Online] オプションが有効になります。

・以前は、サポートされていないシナリオで Web アドインがイベントに登録された場合、単に登録を無視して成功を返していました。その動作を変更して失敗を返すようにしましたが、これは既存のアドインに影響を与えたため、以前の動作に戻しました。

PowerPoint

◆【改善点】
・他のユーザーとの共同編集中にドキュメントの機密ラベルを変更すると、選択した機密ラベルが失われる可能性がある問題を修正

・Office レンダリング コードで応答が予期せず停止する問題を修正

・Wordでスケッチしたアウトラインを画像に適用して保存すると、ファイルをコピーして PowerPoint および Excel に貼り付けた時に使用できなくなる問題を修正

・ユーザーがPDF オブジェクトのキャプションを複数回変更できない問題を修正

・メソッド Slides.AddSlide がスライドを正しいインデックスに挿入しない問題を修正

・共同編集セッションで Web アドインの設定が反映されない問題が修正

・場所への参照を使用するときに、名前を付けて保存するために必須の機密ラベルが必要ない問題を修正

・暗号化権限が原因でユーザーがアプリを終了できなかった問題を修正

・PowerPoint および Excel から PDF をエクスポートまたは保存する際の問題が修正

・リンクされたファイルが既に開いている場合のリンクの更新に関する問題を修正

Project

◆【改善点】
・Office レンダリング コードで応答が予期せず停止する問題を修正

・ユーザーがプロジェクトを開くことができなかったときにアプリが予期せず終了する問題を修正

・レベリングが完了しないとアプリが応答しなくなる問題を修正

・マスク セパレーターがリスト セパレーターと一致する場合にアスタリックを使用する問題を修正

・使用できなくなった画面でアプリケーションが開いてプロジェクトが非表示になる問題を修正

・割り当てのタイムスケール領域の実際のコストの値が表示およびレポートされるときの問題を修正

・以前は正常に動作していたプロジェクトが開けなくなる問題を修正

・「このプロジェクトには、安全でない可能性があり、無効になっている可能性のある 1 つ以上のデータ ソースへのリンクが含まれています。これらのデータ ソースを有効にしますか? ファイルのソースが信頼できる場合にのみ、これを行ってください。」というメッセージが表示される問題を修正

・フォーム ベースの認証が使用されている場合に Project が Project Server に接続できない問題を修正

Visio

◆【改善点】
・Office レンダリング コードで応答が予期せず停止する問題を修正

・ズームインとズームアウトを繰り返すとアプリケーションが応答しなくなるという Visio の問題を修正

Word

◆【改善点】
・ドキュメントが次に開かれるまでコメントへの一部の返信が表示されないというまれな共同編集インスタンスの問題を修正

・UI が arm64 デバイスでのレンダリングの動作を停止することがある問題を修正

・97-2003 ファイル形式を使用して PowerPoint ファイルを読み込むときに、VBA プロジェクトのデジタル署名が認識されない問題を修正

・Office レンダリング コードで応答が予期せず停止する問題を修正

・Office の [スクリーンショットの挿入] に Office アプリの空白または不完全なスクリーンショットが表示される問題を修正

・埋め込まれた Excel スプレッドシートを他のアプリケーションに表示する際の問題を修正

・Word で応答が断続的に停止する問題を修正

・Microsoft 365 が Windows Server 2016 に展開されているときに、読み上げ機能が利用できない問題を修正

・UNC パス上の仮想ディスクでファイルを開くのが遅くなる可能性がある問題を修正

・ユーザーがバージョン履歴の古いバージョンから現在のバージョンにテーブルの行をコピーできない問題を修正

・Outlook on the web を使用して送信され、Word からコピーされたコメントが含まれているメッセージを Outlook で開けない問題を修正

・Word でダーク モードを使用すると、編集が制限されたドキュメント内の編集可能なテキストがコントラストが低いために表示されないという問題を修正

・ズームインまたはズームアウト中に Outlook (WordMail) メッセージが白い背景で点滅する問題を修正

・ヘッダーのネストされたフィールドがスクロール中に正しく表示されない問題を修正

・インデックス付きの印刷ページが印刷されない場合がある問題を修正

・中国語 (繁体字) の Windows 表示言語で PDF にエクスポートするときに、特定の特殊文字の代替フォントが表示される問題を修正

・ドキュメント ウィンドウを分割した後、下のウィンドウがカーソルの下の予期される位置にスクロールしない問題を修正

・段落記号を削除した後、ドキュメントが最後までスクロールする問題を修正

・アンマネージド アドインがレジストリと同じ progid に従っていない場合にブロックされないように、問題を修正

・「リンクとして貼り付け」が自動的に更新されない場合がある問題を修正

・同じハイパーリンクを持つドキュメントとのマージの競合を減らす問題を修正

・共同編集時にヘッダー スタイルが削除される問題を修正

・ソースの書式設定を保持した結果をコンテンツ コントロールに貼り付けると、疑問符 (?) や空白の四角形などの文字が表示される問題を修正

・Word 文書が添付された特定の電子メール メッセージをクリックし、閲覧ウィンドウが “右” に設定されていると、Outlook が予期せず終了する問題を修正

・ファイルの共同編集時に、スタイルを含むリストのインデントが失われる問題を修正

・番号付きリストをコピーして貼り付けると、適切な番号が付けられない可能性がある問題を修正

・[Word ソース ドキュメント内のリンクされた情報を更新する] コマンドを使用すると、クラウドに保存されたファイルが開かないという問題が修正

・開いているすべてのファイル ウィンドウを最小化すると、Word で正しいファイルが表示されないことがある問題を修正

・埋め込まれた Word ドキュメントへのリンクが自動的に更新されない問題を修正

Office Suite

◆【改善点】
・OneDrive または SharePoint から Word、Excel、または PowerPoint ドキュメントを開くと予期せず終了する多くのケースに対処する問題を修正

・連絡先カードが正しく表示されない問題を修正

・Excel でフォントドロップダウンを開くとき、ドキュメントで現在選択されているフォントと異なる問題を修正

・図形で選択されたフォントがフォント ドロップダウンに正確に反映されない問題を修正

・フォント サービスをサポートしていないエンドポイントのフォント ダウンロード リクエストが発行されていた問題を修正

・フォントのダウンロードが既知であり、ダウンロード中に動作を停止すると予想される場合にフォントのダウンロードを試み、不要なリソースが使用される問題を修正

・新しいビジュアルを紹介するビデオが表示されない問題を修正

・図形と SmartArt を使用したカラー ピッカーのテキスト選択シナリオの問題を修正

・操作によって Office が再インストールされる問題を修正

・PowerShell が無効になっているときにユーザーが M365 アプリをインストールできない問題を修正

・更新中に「パッケージの公開に失敗しました」というエラーが発生し、ファイルの種類の関連付けが失われる問題を修正

・インターネットからのブロック マクロの実行をデフォルトでブロックする問題を修正

・ユーザー インターフェイスのアニメーションに関連する不安定性の問題を修正

・スライダーに沿ってクリックしたときにグラデーション ストップを追加できるように問題を修正

・Direct2D と Direct3D の相互運用性のためのマルチスレッドに関連する問題を修正

・SVG グラフィック内のテキスト レイアウトに関連する問題を修正

・Visual Basic マクロによる URL 処理の問題を修正

・スライド ショーの記録、または停止するときの安定性の問題を修正

・プレゼンテーションの録画時にエラーが発生して録画が停止する問題を修正

・ファイルの保存中に Web アドインの設定が失われる可能性がある問題を修正

月次エンタープライズチャネル

monthly

バージョン 2210

セキュリティ更新プログラム

セキュリティ更新内容を参照して下さい。

バージョン 2211

セキュリティ更新プログラム

セキュリティ更新内容を参照して下さい。

Excel

◆【改善点】
・クリップボード ロック アラートが一部のユーザーのワークフローを混乱させる問題を修正

・シートタブを非表示にしてリボンの表示を切り替えると、アプリケーションが予期せず終了する問題を修正

・UNCパスが既定の保存ディレクトリとして設定されている場合に、保存/名前を付けて保存中に [接続先] ダイアログ ボックスが表示される問題を修正

Outlook

◆【改善点】
・CTRL + Tab を使用して、あるメールボックスのフォルダーから別のメールボックスのフォルダーに移動すると、メッセージ リストのフォーカスが失われる問題を修正

PowerPoint

◆【改善点】
・UNC パスが既定の保存ディレクトリとして設定されている場合に、保存/名前を付けて保存中に [接続先] ダイアログ ボックスが表示される問題を修正

Word

◆【改善点】
・読み上げの読み上げ速度を変更すると、Word が動作しなくなるという問題を修正

・UNC パスが既定の保存ディレクトリとして設定されている場合に、保存/名前を付けて保存中に [接続先] ダイアログ ボックスが表示される問題を修正

Office Suite

◆【改善点】
・Office 2016 および Office 2019 でフォント ドロップダウンのスクロール バーが正しく表示されない問題を修正

先月のMicrosoft 365 Apps更新プログラム

MECM(SCCM)を使えば更新プログラム適用がもっと効率的に!

毎月リリースされる更新プログラムの適用をもっと効率化しませんか?

MECMの機能を使えば、1万台もの大量のPCにも同時に更新プログラムを配布、適用させることが可能です。弊社アーザスではMECMの構築から運用までサポートしています。お気軽にご相談下さい!