クローニングでWindows10を簡単キッティング!~マスターPCをバックアップする

Windows10
クローニングでWindows10を簡単キッティング!~マスターPCをバックアップする

前回はマスターPCを作成しました。

今回はマスターPCをバックアップします。

もしマスターPCの設定に誤りが見つかった場合、設定し直す必要があります。しかし、次に行う処理でクローンPCの状態にしてしまうと、元に戻すことができません。

そこでバックアップの登場です。マスターPCの状態に戻すことができますので、設定し直しができます。

マスターPCを Windows PE で起動する

USBメモリのイラスト

以前の記事でご説明しましたが、単純に外付けHDDに丸ごとファイルコピーしてもバックアップはできません。まずは作成した Windows PE のメディアでマスターPCを起動します。

Windows PE のメディアから起動させる場合、UEFI(もしくはBIOS)の設定で、メディアから起動するようにしなければなりません。
設定のしかたはPCの機種によって異なりますので、調べてみてください。PCの機種名 と BIOS でググるとすぐに見つかると思います。

起動する前に、バックアップ先の外付けHDDをマスターPCにつないでおくことを忘れないようにしましょう。

Windows PE が起動すると、コマンドプロンプトのウィンドウだけが表示されます。これからここに様々なコマンドを入力し、バックアップ処理を行います。

ドライブ名を確認する

WindowsPEのスクリーンショット

確認するドライブ名は以下の2つです。

  • Windowsがインストールされているドライブ名
  • 外付けHDDのドライブ名

以下のコマンドを入力すると、マスターPCにあるボリューム情報が表示されます。

echo list volume | diskpart

記事中に「パーティション」「ボリューム」「ドライブ」という言葉が出てきますが、ここでは深く触れません。ディスクを区切ったものが「パーティション」です。パーティションの中をフォーマットして使えるようにした部分が「ボリューム」です。「パーティション」と「ドライブ」は同じ意味です。 通常はそれぞれのパーティションは全てフォーマットされているので、パーティション=ボリューム=ドライブ と考えてよいでしょう。

Windowsがインストールされているドライブ名を探す

「Ltr」列がドライブ名です。
「FS」列が”NTFS”、「Type」列が”Partition”、「Status」列が”正常” のボリュームのうち、どれかに Windows がインストールされています。「Info」列が”非表示”となっているものは除外です。
「Size」が容量ですので、それで何とか判断できると思います。

Windows がインストールされているドライブ名は普通 C です。しかし Windows PE で起動した場合、別のドライブ名が割り当てられることが多いです。

確認したらメモっておきましょう。ちなみに私の環境ではFドライブでした。

外付けHDDのドライブ名を探す

同様に外付けHDDのドライブ名も探しましょう。
条件は Windows のドライブと一緒です。外付けHDDの場合、たいてい「Label」列に製品の型番が表示されていますので判断できると思います。「Size」でもすぐ分かりますね。

これもメモっておきます。私の環境ではDドライブでした。

どちらも Windows10 とは異なるドライブ名が割り当てられていました。必ずドライブ名は確認するようにしてください。

Windowsがインストールされているドライブをバックアップする

2つのHDDを持っている人の写真

  • Windowsがインストールされているドライブ名:F
  • 外付けHDDのドライブ名:D

と仮定します。

以下のコマンドを実行すると、外付けHDDへのバックアップが始まります。

dism /Capture-Image /ImageFile:d:\before_sysprep.wim /CaptureDir:f:\ /Name:”before_sysprep”

コマンドを見ると分かりますが、”バックアップする” よりも “イメージをキャプチャする” の方が正確な表現です。しかし分かりやすいので “バックアップする” で通します。

Fドライブの中身を丸ごと before_sysprep.wim というファイルにする処理ですので、結構時間がかかります。

.wimファイルは “Windowsイメージングファイル” といいます。

Windowsがインストールされているドライブ以外もバックアップしたい場合

バックアップメディアの写真

会社によっては、Windowsのドライブ以外にもドライブを作るルールがある場合があります。(要するにパーティションを分けます)
Windows や各種プログラムはCドライブにインストールし、データはなるべくDドライブに保存する、といった感じです。

もちろんDドライブではない場合もありますので、その時は読み替えてください。

マスターPCにもDドライブがあり、その中にクローンPCに反映すべきデータがある場合、Dドライブもバックアップしなければなりません。

Dドライブに該当するドライブ名を探し、バックアップする

Windows がインストールされているドライブと全く同じ手順です。
ただし、dismコマンドを実行する際は、バックアップ元のドライブ名と、.wimファイル名を変えておくことを忘れないようにしましょう。

  • Dドライブに該当するドライブ名:G
  • ファイル名:before_sysprep_d.wim

と仮定します。

以下のようなコマンドを実行します。

dism /Capture-Image /ImageFile:d:\before_sysprep_d.wim /CaptureDir:g:\ /Name:”before_sysprep_d”

バックアップファイルを確認する

データのイメージ写真

以下のコマンドを実行すると、PCが再起動します。

exit

UEFI(もしくはBIOS)の設定を戻して、Windows10 が起動するようにします。

設定によっては、再起動する瞬間に Windows PE のメディアを抜くだけで Windows10 が起動します。

外付けHDDを確認してみてください。サイズの大きい.wimファイルができていると思います。それがマスターPCのバックアップファイルです。

最後に

これでマスターPCのバックアップができました。いつでもやり直しができます。

次回は、実際にバックアップをマスターPCに戻してみます。