Office365の「メール」が他のメールサービスとどんな違いがあるのかその特徴を解説してみた

Office365
office365-mail-beginning-eyecatch

無料で使えるメールサービスは数多くありますが、他社のサービスと比較してもOffice365™ の「メール」機能は使いやすく魅力的なサービスです。

今回は Office365 のメール機能について、どんなことができるのかといった機能紹介を中心に解説していきます。

メールってなんだろう?

メールとは、簡単に言えば「お手紙」です。それを保管したり届けたりする、郵便局の役割をするのが Office365 にある「メール」という機能です。

メールの概念については、こちらの記事で詳しく説明していますのでご参照ください。

Office365 のメール機能について

それでは Office365 におけるメールには、どのような機能があるのか説明していきます。

▼こちらがメールの画面です。
メール画面

メールを送受信する

メールを送ったり受け取ったりすることができます。もちろんファイルを添付することも可能で、一通につき10MBまで添付することが出来ます。

メールを検索する

メール内を隈なく検索することができます。タイトルだけでなく、文中のキーワードも検索対象です。

特定のグループにメールをする

「グループ」機能というものがあり、複数人の間でメールのやり取りが出来ます。

メールをタスクに入れて忘れないようにする

「タスク」機能と連携させることにより、返信などを忘れないようにすることができます。

メール機能内に「ルール」を作成する

「ルール」を指定することでメールを自動的に仕分けすることが可能です。例えば「指定したアドレスを特定のフォルダに入れる」といったことが簡単に設定できます。これによりメールの処理が格段に楽になります。

添付している Excel® やWordを正確に読み取る

Office製品でファイルを作成してる場合、文字崩れなどなく表示することが出来ます。

最後に

ちなみに、メールの容量が50GBあり、これは他社のメールサービスと比較してもかなりの大容量です。

検索機能・タスクとの連携・ルール機能を使ったメールの自動仕分けと、機能は充実していますので、仕事のメールはこれ一つで十分だと思います。

具体的な操作方法などはまた別の記事でご紹介しますのでお楽しみに!