Windows10のHome版とPro版を比較してみました。

Micorsoft
Windows10のHome版とPro版を比較してみました。

Windows 10 の比較表が最近発表されました!

Windows®は毎回複数のエディションを発表しますが、Windows 10 のエディションは数が少なく、分かりやすく分類されています。

今回は個人向けのエディションであるHome版とPro版に絞って比較してみます。この2つにアップデートできる Windows も合わせて紹介しますね。

Windows 10 のエディション

エディションの画像

冒頭でも解説した通り、Microsoft® から各エディションの比較表が発表されました。Mobile版とlot版は機能が全く異なるので、比較表には掲載されていません。

まだ英語でしか書かれていません。後に日本語でも対応すると思うので、その時が楽しみですね。

Windows 10 Home

Windows10で一番基本的なエディションです。Mobile版を除いた全てのエディションに、このHome版の機能が含まれています。

このエディションは「PC、タブレット、2in1PC」の3つを搭載対象として作成されています。

搭載される機能

  • Cortana⇒音声操作機能
  • Micorsoft Edge⇒新しいインターネットブラウザ
  • Windows Hello⇒顔・指紋認識機能
  • Continum⇒タッチパネル仕様に特化した操作方法

などなど、その他にもXboxOneと同期してWindows10上でゲームができたり、画面を4分割にしたりします。

Windows10に追加される目玉機能や、基本的な機能は全て抑えられています。なのでHome版1つでも不自由なくWindows10を使えそうですね。

無料でアップデートできるWindows

  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 8.1 with Bing
  • Windows 8.1

Windows 10 Pro

Windows 10 Homeの内容に加え、企業向けのコンテンツを一部追加したエディションです。企業向けのエディションである、Windows 10 Enterprizeと比べると、一部機能は搭載されていません。

搭載される機能

  • Windows update for Business⇒アップデートのタイミングを任意に変更できます
  • Remote Desktop⇒離れた場所でも、インターネットに接続していればPCに接続できます
  • BitLocker⇒接続したUSBやCDなどにロックをかけられます
  • Business Store for Windows 10⇒ビジネス系のアプリをインストールできるストアに接続できます

などが搭載されます。主にセキュリティの向上やビジネス系に関することが追加されていますね。小規模の企業や、上級者のユーザーさんはこちらを選択するべきだと思います。

無料でアップデートできるWindows

  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 8.1 Pro

終わりに

どうやら一般の方は Windows10 Homeを選択しても特に問題なさそうです。

ですがPro版はアップデートの時間を遅らせたり、データ保護も可能です。細かいところで便利になっているので迷いどころですね。

Windows 10 が公開されたらこの2つ違いを実際に体感したいです。