[Windows]Windows 11が発表!サポートするPCの条件は?廃止される機能は?

Windows
サポートするPCの条件は? 廃止されるWindows 10の機能や アプリは?

Microsoft公式によって米国時間6月24日、Windows 11が発表されました。Windows 10のサポートが2025年終了予定と発表された今、次世代のOSであるWindows 11への注目が集まっています。

この記事ではWindows 11がインストールできるPCの条件と、Windows 11で廃止される機能について紹介します。

リリース日

2021年10月ごろリリース予定です。

Windows 10が既に入っているデバイスには無償で提供されるようです。(無償提供期間は不明)

Windows 11開発版(Windows 11 Insider Preview)が配布中!

2021年6月29日にWindows 11開発版(Windows 11 Insider Preview)が配布されています。インストールすれば10月を待たずともWindows 11を体験可能です。

ただし「Windows Insider Program」に登録し、Devチャネルを選択しておく必要があります。

Windows 11からWindows 10にロールバックしたい場合は急いで!

Windows 11にアップデートした後で再度Windows 10に戻したい場合、ファイルとデータを保持したままロールバックが可能です。

しかし、ロールバック期間は10日間以内に限定されているので注意です!

インストールできるPCの最低条件

PC

残念ながら、新しいPCならインストールできる!と決まったわけではありません。

▼Windows 11 の仕様の詳細はこちら

  • 1GHz以上かつ2コア以上の64 ビット互換プロセッサかSoC
  • TPM バージョン2.0
  • RAM 4GB以上
  • ストレージ 64GB以上
  • UEFI、セキュアブート対応
  • グラフィックスカード DirectX 12 互換のグラフィックス / WDDM 2.x

TPM(Trusted Platform Module)とは

コンピュータが生成する暗号化キーを置いておくセキュリティデバイスのことです。

主にBitLocker(ハードディスク内の情報を暗号化して機密性を保護する機能。Windows OSに既定で搭載されている)の暗号化を解除する用途に使われます。

TPMのバージョンを確認する方法

タスクバーのWindowsマークを右クリック>ファイル名を指定して実行>「tpm.msc」を入力>実行

▼「TPM製造元情報」の右端にバージョンが表示されます。
TMPバージョン確認方法

TPMが有効になっていない場合、ファームウェアの設定から有効にできます。

Windows 7から直接Windows 11にアップデートできないので注意!

OSがWindows 10であれば、Windows Update経由で直接Windows 11にアップデートが可能です。

しかし、PCの条件を満たしていてもWindows 7から直接Windows 11にアップデートはできないので注意です。

OSがWindows 7の場合は必ずWindows 10にクリーンインストールをしてからWindows 11にアップデートしましょう。

Windows 11で廃止されるWindows 10の機能

Windows 11で廃止・無効になるWindows 10の機能・アプリ

  • 初回システム起動時のCortana起動
  • 数式入力パネル
  • ライブ タイル
  • People 機能
  • タイムライン機能
  • Internet Explorer(無効)

初回システム起動時のCortana起動

PCのセットアップ時に出る「こんにちは!Cortanaです!」がデフォルトで出てこなくなるようです。また、デフォルトでスタートメニューにCortanaがピン止めされなくなります。
コルタナ

数式入力パネル(Math Input Panel)

手書きで数式を書くと文字列に変換するアプリです。

数式入力パネル

ライブ タイル

スタートメニューにニュースや最新の情報を表示させる機能です。

ライブタイル

People 機能

Windowsに既定でインストールされているアドレス帳アプリです。

people機能

タイムライン機能

検索バーのすぐ右隣にある「タスクビュー」をクリック>タスクビューを下にスクロールすると、5日前~今日までに使ったローカルファイルを表示する機能です。

タイムライン機能

Internet Explorer(無効)

Internet Explorerは2022年にサポート終了が予定されているため、無効になります。(Windows 10でもサポート終了後は無効になります。)

既定でインストールされなくなったアプリ一覧

これらのアプリは廃止・無効にはなりませんが、デフォルトでインストールされなくなります。

  • Skype
  • OneNote(Windows10)
  • 3D ビューアー
  • 3D ペイント

ブルースクリーンが”ブラック”スクリーンに

PCが強制終了した時に表示される青い画面とQRコードの画面、ブルースクリーンの色が黒に変更されるようです。

▼ブラックスクリーンの詳細

終わりに

今回は「Windows 11にインストールできるPCの最低条件」、「Windows 11で廃止される機能」について紹介しました。

次回はWindows 11で新しく追加された機能についてまとめます。