widthはウィドゥス?ウィッズ?いいえ「幅」です

言語
widthはウィドゥス?ウィッズ?いいえ「幅」です

最近この記事についてお便りが来ました。めったにレスポンスは来ないので、独り言じゃなかったんだなと嬉しい限りです。

widthはウィドゥスじゃないの?

▼問題の箇所

width
ウィッズです。

ウィドスでもワイドスでもありません。

ただこれは本当に人それぞれで、統一されたプロジェクトを見たことがありません。

それゆえ正確に伝わらない可能性があるので、「幅」と言った方がよさげです。

発音記号を見る限り ウィドゥス あたりが一番近いのでは?というご意見です。

wídθ wítθ

確かについてますね、有声記号の d が。

やっぱりウィドゥスには聞こえないな・・・

の音声を聞いてみてください。どちらも ウィッズ ウィッス ウィッツ に聞こえるんですよね。d が無い with の発音を比較してみると、小さい ッ が d なのではないかと。あ、でもそれって t の方の読み方かも。

読み方が2種類あるってこと?もしかして ウィドゥス もいいかも。

英語を日本語で表現すること自体ムリがある

読み方のコンセンサスが取れていない英語をカタカナっぽく読むぐらいなら、日本語で言えばいいんじゃないの?と思っています。「幅」だと絶対に通じますし。

ワーニングの再来は御免です。わいどす うぃどす という人がいたら徹底的に反抗しようと思います。

ローマ字が全ての元凶なんですけどね。

どうしても英語で読みたいなら ウィッズ ウィッス ウィッツ ウィドゥス にしましょ。