[事例]SCCMで極細ネットワーク負荷分散!ブランチキャッシュでQU・FUする

SCCM
[事例]SCCMでネットワーク負荷分散!極細回線でWindows10をQU・FUする

非常に細いネットワーク回線で SCCM を使用し、Windows 10 のQUやFUを実施した事例をご紹介します。

Microsoft も想定していなかったほどの回線の細さでしたが、工夫で何とかなりました。

環境

クライアントPCの台数

1,000〜2,000台

ネットワーク帯域

業務に影響を与えないように、SCCMが利用できるネットワーク帯域は 16〜32kbps と極めて細いです。

構成概要

構成

作戦

配布ポイントのIISで帯域制限

お約束です。SCCMのトラフィックでネットワーク帯域を専有されてしまったら大問題ですからね。

クライアントPCのBITSで帯域制限

クライアントPCでのSCCMのネットワーク利用帯域を絞るために、BITSの設定を行いました。

各拠点の一部のPCに先行配信する

先行配信

なぜ一部のPCに先行配信するのでしょう?それは・・・

ブランチキャッシュを使う

ブランチキャッシュを使うことで、WANのネットワーク負荷を下げられるからです。

ブランチキャッシュでWANの負荷を軽減できるので、32kbpsまで帯域を広げることができました。
全体配信

困ったこと

とにかく時間がかかる

数GBのファイルを極細回線でダウンロードするので、数日かかるわけです。単純計算すると、1GBのファイルを16kbpsでダウンロードするには6日かかります。

更に、エラーが発生してしまうと最初からダウンロードし直しです。

BITSがキャンセルされてしまう

エラーでもないのにBITSがキャンセルされるクライアントPCが数台ありました。

Microsoft に問い合わせても原因は分からないとのこと。

何度やってもキャンセルされるクライアントPCに対しては手動で直接適用しました。

最後に

あきらめずにチャレンジすれば、細い回線でも何とかなります!