もうすぐOffice2010・2013・2016からOffice365へ接続できなくなる

Office365
[もうすぐ]Office2010・2013・2016からOffice365へ接続できなくなる

忘れてしまった人が結構いると思いますが、あと1年を切りました。

2020年10月13日より Office 2010、Office 2013、Office 2016 から企業向け Office 365 へ接続できなくなります。

Microsoftのアナウンス

2年以上前の2017年4月20日に Microsoft がアナウンスしています。

2020年10月13日より、Office 365 サービスへの接続に Office 365 ProPlus またはメインストリームサポート中のオンプレミス版 Office が必要になります。

Office 2016 から Exchange Online

オンプレミス版Officeの製品ライフサイクル

製品名 ライフサイクルの開始日 メインストリームサポートの終了日 延長サポートの終了日
Office 2010 2013/07/23 2015/10/13 (終了) 2020/10/13
Office 2013 2014/02/25 2018/04/10 (終了) 2023/04/11
Office 2016 2015/09/22 2020/10/13 2025/10/14
Office 2019 2018/09/24 2023/10/10 2025/10/14

2020/10/13で Office 2016 のメインストリームサポートが切れます。

それ以降 Office 365 に接続できるオンプレミス版 Office は、Office 2019 のみということになります。

Office365サービスに接続しないなら問題なし

Word や Excel など Office 365 に接続しないクライアントの使用や、オンプレミスのExchangeサーバーを立てている場合は、特に影響はありません。

企業向け Office 365 サービスにのみ適用: オンプレミス版 Office クライアント、オンプレミス サーバーに接続するオンプレミス版 Office クライアント、一般ユーザー向けサービスのシステム要件やサポート ポリシーについては、今回の更新では変更されません。

早めにOffice 365へ

Office 2010

Office 2010 は同じタイミングで延長サポートが切れます。サポート切れの状態で使い続けることは非常にリスキーです。

Office 2013、Office 2016

延長サポート期間に入った Office に対しては、セキュリティ更新プログラムのみ提供されます。

延長サポートが終了するまで使い続けることは可能ですが、いずれ Office 365 に移行しなければなりません。

既存のプログラムやマクロの移行や検証は予想以上に時間も労力もかかるものです。今のうちに準備を進めておくことをおすすめします。