画面で説明するMECMとSQL Serverのバックアップ・リストアガイド [リストア編]

MECM(SCCM)
mecm-sqlserver-br-r-eyecatch

MECMサーバーが壊れてしまった。バックアップを取っているから大丈夫!と思いきやリストアできない。どうしよう・・・。

皆様の環境でこんなことが起こってしまったら、これほど恐ろしいことはないですよね。

そこで、MECMとSQL Serverの「バックアップファイルの作成」と「リストア」について、実際の手順をご説明します。

今回はリストアの手順です。

バックアップファイル作成編

データベースのデタッチ

手順1:サービスを停止

MECMサーバー(プライマリサイトサーバー)の5つのサービスを停止します。

  • CONFIGURATION_MANAGER_UPDATE
  • SMS Agent Host
  • SMS_EXECUTIVE
  • SMS_NOTIFICATION_SERVER
  • SMS_SITE_COMPONENT_MANAGER

手順2:Microsoft SQL Management Studioでデタッチ画面へ

  1. Microsoft SQL Management Studioを起動
  2. [データベース] > [CM_[サイトコード]]を右クリック > [タスク] > [デタッチ]をクリック

手順3:デタッチ

「接続の削除」列のみチェックします。

一番左のチェックボックスです。

3-image

手順4:データベースのファイルをリネーム

以下のパスにあるデータベースのファイルをリネームします。

デフォルト設定の場合です。

C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL13.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA

4-image

これでデタッチは完了です。

リストア

手順1:setup.exeを実行

プライマリサイトサーバーで以下の「setup.exe」を実行します。

C:\[サイトコード]Backup\CD.Latest\SMSSETUP\BIN\X64\setup.exe

2--1-image

MECMセットアップウィザードが起動します。

手順2:MECMセットアップウィザード

開始する前に

2--2-image

作業の開始

[サイトの復元]を選択します。

2--3-image

サイトサーバーとデータベースの復元のオプション

  1. 「次の場所にあるバックアップセットを使用してサイトデータベースを復元する」を選択
  2. プライマリサイトサーバーのバックアップフォルダーを指定

2--4-image

サイトの復元に関する情報

「プライマリサイトの回復」が選択されていることを確認します。

2--5-image

プロダクトキー

評価版を選択するか、プロダクトキーを入力します。

ここでは評価版を選択しています。

2--6-image

製品のライセンス条項

全てチェックします。

2--7-image

必須ファイルのダウンロード

  1. 必須ファイルが無ければ「必須ファイルをダウンロードする」を、あれば「ダウンロード済みのファイルを使用する」を選択
  2. パスを設定

2--8-image

サイトとインストールの設定

サイトコードとサイト名が、復旧したいサーバーと同じであることを確認します。

2--9-image

データベース情報

SQL Serverのサーバー名とインスタンス名が設定されていることを確認します。

2--10-image

データベース情報

2--11-image

診断と使用状況のデータ

2--11-2-image

設定の概要

設定内容を確認します。
2--11-3-image

前提条件の確認

前提条件のチェックが完了したら[インストールの開始]をクリックします。

2--12-image

インストール

「主要セットアップの完了」が表示されたら[次へ]をクリックします。

2--13-image

完了

2--14-image

手順3:リストアを確認

MECMコンソール

  1. [監視] > [システムのステータス] > [サイトのステータス] をクリック
  2. エラーがないことを確認します。

2--15-image

  1. [監視] > [システムのステータス] > [コンポーネントのステータス] をクリック
  2. エラーがないことを確認します。

2--15-2-image

Microsoft SQL Management Studio

デタッチしたデータベースが復旧していることを確認します。

2--15-3-image

これでリストアは完了です。

バックアップ・リストアでのコツ

定期的に検証しよう

バックアップファイルが破損する可能性があります。年に何度かは検証環境で正常にリストアできるか確認しましょう。

プライマリサーバーとDBは1つのサーバーにしよう

今回はプライマリサイトサーバーとDBが別サーバーの場合の手順も紹介しました。

しかしサーバーを別にすると負荷の分散はできますが、リストアができないケースが実際にありました。

複雑にせずに、プライマリサイトサーバーとDBは1つのサーバーにすることをおすすめします。

MECMはアーザスにお任せ!!

アーザスではMECMの構築から保守まで幅広く承っております。

少しでも興味を持っていただけましたら、是非お問い合わせください。