Windows Server 2012 R2向け累積更新プログラム「KB5022352」不具合情報まとめ

Windows
Windows Server 2012 R2向け累積更新プログラム「KB5022352」不具合情報まとめ

累積更新プログラムには不具合修正や追加機能が含まれており、その分不具合も多く発生します。そのため、適用する前に一度不具合情報を確認することをおすすめします。

この記事では2022年12月13日(現地時間)にリリースされたWindows Server 2012 R2向け累積更新プログラム「KB5022346」の不具合・脆弱性情報とそれを回避する方法をまとめています。

(2023/1/12更新)KB5022352のインストールがエラーコード(80070570)で失敗する

情報ソース

Windows Server 2012 R2向け累積更新プログラム「KB5022352」の主な更新内容

ユーザー報告されている不具合・脆弱性

KB5022352のインストールがエラーコード(80070570)で失敗する

一部環境でこの更新プログラムをWindows Updateからインストールすると、95%でダウンロードが止まり、エラーコード(80070570)が発生し、インストールに失敗する場合があります。

Redditのユーザーによると、WSUSでもこのダウンロードに失敗し、以下のようなエラーが表示されたとのこと。

Content file download failed.
Reason: CRC verification failure
Source File: /d/msdownload/update/software/secu/2023/01/windows8.1-kb5022352-x64_b01aa8374189bc6aa747e36146e0702718d824aa.psf
Destination File: E:\WsusContent\WsusContent\AA\B01AA8374189BC6AA747E36146E0702718D824AA.psf

回避策

手動でKB5022352をインストールすると解消する場合があります。

▼以下のリンクからダウンロード可能です。

既知の不具合

エラー

10月累積更新プログラムの修正パッチによりAD参加に失敗する

1月の累積更新プログラム一覧

過去のWindows Server 2012 R2累積更新プログラム不具合

>>過去のWindows Server 2012 R2累積更新プログラム不具合はこちら<<

MECM(SCCM)を使えば更新プログラム適用がもっと効率的に!

毎月リリースされる更新プログラムの適用をもっと効率化しませんか?

MECMの機能を使えば、1万台もの大量のPCにも同時に更新プログラムを配布、適用させることが可能です。弊社アーザスではMECMの構築から運用までサポートしています。お気軽にご相談下さい!