macOS 10.15 Catalinaリリース!でもプリンター使うならアップデートは待とう

Mac
macOS 10.15 Catalinaリリース!プリンター使うならアップデートは待とう

(2019/10/10)ブラザーが macOS 10.15 Catalina 対応ドライバーを公開しましたので反映しました。

2019年10月8日に macOS 10.15 Catalina がリリースされました。

ただアップデートはちょっと待った方がいいと思います。とりあえずプリンターが使えなくなる可能性大です。

とうとう32bitアプリケーションが動かなくなった

High Sierra から32bitアプリケーションに対して警告が出るようになりましたが、Mojave までは警告止まりで実害はありませんでした。

しかし Catalina からは起動しなくなります。

最も影響を受けそうなのがプリンタードライバー

32bitならもちろんアウトです。

もし64bitだったとしても Mojave 用のドライバーが正常に動作しない可能性があります。

プリンターメーカーの対応状況(2019年10月9日現在)

各プリンターメーカーのサイトにはどんなことが書いてあるのでしょう?ちょっと調べてみました。

キヤノン 記載なし
エプソン インクジェット: 対応済
レーザー: 確認中(2019年11月に更新予定)
ブラザー 10月中旬頃対応予定 対応済
リコー 対応予定
HP 記載なし

キヤノン

残念ながら Mojave までしか記載がありません。

「対応予定」と一言コメントを公開するだけでもよいので、何かリアクションはしてほしいですね。

エプソン

インクジェットプリンターは対応済です。早いですね。

レーザープリンターは確認中で、

macOS Catalinaの対応情報は2019年11月に更新予定です。

とのこと。続報を待ちましょう。

ブラザー

10月中旬頃に公開予定とのことです。
公開されました。

リコー

Catalina については「対応予定」とのことです。

ちなみにサイトに記載ミスがあったので注意しましょう。もう対応したの!?と一瞬思いましたが、web掲載中は○です。

(各表中の用語の意味)
☆ : macOS Catalina 10.15同梱のドライバーで対応しております。
△ : web掲載中
△ : 対応予定
▲ : 検討中
- : 非対応/対応予定なし

HP

未だに macOS 10.10 Yosemite までしか記載されていません。

Macユーザーは怖くて買えないですよね・・・。

今インストールされているプリンタードライバーは32bit?64bit?

自分の Mac にインストールされているプリンタードライバーが32bitなのか64bitなのか知りたいですよね。

64bitだったら Catalina でも動くかもしれませんし。

調べる方法

以下の手順ですぐに分かります。

▼アップルメニュー > このメニューについて
メニュー

▼システムレポート
このMacについて

▼ソフトウェア > アプリケーション
アプリケーション

[64ビット (Intel)]が「いいえ」のものが32bitです。ソートしましょう。

プリンタードライバーに限らず、動かなくなったら困るアプリケーションが32bitだった場合、64bit版がリリースされていないか確認しましょう。リリースされていない場合は、待つか、あきらめて代替を探すしかありません。

ちなみにインストールされているブラザーのドライバーは64bitでした。

CatalinaにアップデートするならTime Machineで戻れるようにしてから

もしプリンターを使っていない、Catalina 対応のドライバーが公開されている、という人は試しに Catalina にアップデートしてみていいかもしれません。

ただ、絶対に Time Machine でバックアップしていつでも戻れるようにしておきましょう。

見落としていた32bitアプリケーションがあるかもしれませんし、64bitアプリケーションでも正常に動かないかもしれません。

Time Machine は偉大!

【人柱】Catalinaにアップデートしてみた

Catalinaにアップデート

プリンター

ブラザーのMFC-L8650CDWというプリンターを使っているのですが、ドライバーをアップデートしなくても印刷できました。
プリンター

たまたまかもしれませんね。念のため Catalina 対応のドライバーにアップデートはしました。

32bitアプリ

32bitで動かなくなったのは Adobe Reader ぐらいでした。それも64bit版にアップデートすると大丈夫。

意外に影響はありませんでした。長年Macを使っているわけではないからかもしれませんね。Carbon APIのアプリを愛用しているような場合は厳しいと思います。

積極的におすすめはしない

調べてみると Photoshop のプラグインが動かないとか拡張子が変わらないとか、色々と問題が出ているようです。

最後に

もしMacを仕事で使っている場合、まだアップデートはおすすめできないですね。

使っているアプリケーションが Catalina に対応してからでも遅くないです。次の macOS 10.16 がリリースされてから Catalina にアップデートするぐらい慎重でよいと思います。