[Windows 10/Server]2021年9月累積更新プログラム公開!KB5005565、KB5005568、KB5005573など

Windows
[Windows 10/Server]2021年9月累積更新プログラム公開!KB5005033、KB5005030、KB5005043など

2021年9月14日(現地時間)、MicrosoftからWindowsの2021年9月の累積更新プログラム(セキュリティ更新プログラム・月例パッチ・「B」リリース・Patch Tuesday)が公開されました。

Windows 10 21H1/20H2/2004「KB5005565」、Windows Server 2019「KB5005568」、Windows Server 2016「KB5005573」、Windows Server 2012 R2「KB5005613」、Windows Server 2012「KB5005623」などが含まれています。

また、問題となっている以下の脆弱性が修正されました。
CVE-2021-36958/CVE-2021-40444/CVE-2021-36965/CVE-2021-26435

記事の対象OS

  • Windows 10 version 21H1/20H2/2004
  • Windows Server version 20H2/2004
  • Windows Server 2019/2016/2012 R2/2012

Microsoftのアナウンス

更新プログラムの入手先

以下のチャネルから入手できます。

  • Windows Update または Microsoft Update
  • Microsoft Update カタログ
  • Windows Server Update Services (WSUS)

ただ、セキュリティのみの更新プログラムは、「Windows Update または Microsoft Update」チャネルから入手することはできません。

クライアント

Windows 10 version 21H1

1. 適用の前提条件

[Windows Server Update Services (WSUS) 、もしくはMicrosoft Update Catalogのスタンドアロンパッケージの場合]

2021年5月11日の更新プログラム(KB5003173)以降のLCUがインストールされていない場合は、2021年8月10日のSSU(KB5005260)を適用する必要があります。

・KB5005260

2. 累積更新プログラム

・KB5005565

[主な更新内容]

・印刷スプーラーサービスリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-36958)を修正

・MSHTMLにおけるリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-40444)を修正

・Windows WLAN AutoConfig サービスのリモートでコードが実行される脆弱性(CVE-2021-36965)を修正

・Windowsスクリプトエンジンのメモリ破損の脆弱性(CVE-2021-26435)を修正

・PowerShellが無限の子ディレクトリを作成する原因となる問題を修正

[既知の問題]

▼この更新プログラムの不具合は以下の記事を参照して下さい。

Windows 10 version 20H2

Windows 10 version 21H1 を参照。

Windows 10 version 2004

Windows 10 version 21H1 を参照。

サーバ

Windows Server version 20H2

Windows 10 version 21H1 を参照。

Windows Server version 2004

Windows 10 version 21H1 を参照。

Windows Server 2019

累積更新プログラム適用手順

1. サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5005112

2. 累積更新プログラム

・KB5005568

[主な更新内容]
・印刷スプーラーサービスリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-36958)を修正

・MSHTMLにおけるリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-40444)を修正

・Windows WLANAutoConfigサービスのリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-36965)を修正

[既知の問題]

・KB4493509をインストールした後、一部のアジア言語パックがインストールされているデバイスは、「0x800f0982–PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND」というエラーを受け取る場合があります。

・KB5001342 以降をインストールした後、クラスターネットワークドライバーが見つからないため、クラスターサービスの開始に失敗する場合があります。

Windows Server 2016

累積更新プログラム適用手順

1. サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5005698

2. 累積更新プログラム

・KB5005573

[主な更新内容]
・印刷スプーラーサービスリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-36958)を修正

・MSHTMLにおけるリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-40444)を修正

・Windows WLAN AutoConfig サービスの特権の昇格の脆弱性(CVE-2021-36965)を修正

・ユーザーが分散コンポーネントオブジェクトモデル(DCOM)のアクティブ化の失敗を追跡できない問題を修正

・長時間のリモートデスクトップオーディオリダイレクト中にメモリリークが発生する可能性がある問題を修正

・FLTMGR.SYSドライバーでページングされていないメモリリークを引き起こす問題を修正

・コピーの失敗を修正するためにバックアップオプション(/ B)を指定してrobocopyコマンドを使用する際の問題を修正

・認証メカニズム保証(AMA)が機能しなくなる原因となる問題を修正

[既知の問題]
Microsoftは現在、この更新プログラムに関する問題を認識していません。

Windows Server 2012 R2

累積更新プログラムの適用手順

1. サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5001403

2. 累積更新プログラム

・KB5005613

[主な更新内容]
・印刷スプーラーサービスリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-36958)を修正

・MSHTMLにおけるリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-40444)を修正

[既知の問題]

・クラスタ共有ボリューム(CSV)上にあるファイルまたはフォルダに対して実行する名前変更などの特定の操作は 、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行した場合に発生します。

2. セキュリティ専用更新プログラム

・KB5005627

セキュリティ専用更新プログラムを使用している場合は、以前のすべてのセキュリティ専用更新プログラムと Internet Explorer の最新の累積更新 ( KB5005563 )もインストールする必要があります。

セキュリティ専用更新プログラムは、Windows Updateでは適用できません。

[既知の問題]
・クラスター共有ボリューム(CSV)上にあるファイルまたはフォルダーに対して実行する名前変更などの特定の操作は 、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行した場合に発生します。

Windows Server 2012

累積更新プログラム適用手順

1. サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5001401

2. 累積更新プログラム

・KB5005623

[主な更新内容]
・印刷スプーラーサービスリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-36958)を修正

・MSHTMLにおけるリモートコード実行の脆弱性(CVE-2021-40444)を修正

・Windowsスクリプトエンジンのメモリ破損の脆弱性(CVE-2021-26435)を修正

[既知の問題]

・クラスタ共有ボリューム(CSV)上にあるファイルまたはフォルダに対して実行する名前変更などの特定の操作は 、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行した場合に発生します。

2. セキュリティ専用更新プログラム

・KB5005607

セキュリティ専用更新プログラムを使用している場合は、以前のすべてのセキュリティ専用更新プログラムと Internet Explorer の最新の累積更新 ( KB5005563 )もインストールする必要があります。

セキュリティ専用更新プログラムは、Windows Updateでは適用できません。

[既知の問題]

・クラスター共有ボリューム(CSV)上にあるファイルまたはフォルダーに対して実行する名前変更などの特定の操作は 、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行した場合に発生します。

MECMを使えば更新プログラム適用がもっと効率的に!

毎月リリースされる更新プログラムの適用をもっと効率化しませんか?

MECMの機能を使えば、1万台もの大量のPCにも同時に更新プログラムを配布、適用させることが可能です。弊社アーザスではMECMの構築から運用までサポートしています。お気軽にご相談下さい!