[Windows 10]2021年3月累積的な更新プログラム情報 KB5000802/KB4601315など

Windows
Windows 2021年3月累積的な更新プログラム Windows 10 20H2/2004 KB5000802、1909 KB4601315など

2021年3月10日、MicrosoftからWindowsの2021年3月の「累積的な更新プログラム」(セキュリティ更新プログラム・月例パッチ)がリリースされました。

Windows 10 20H2/2004向けの「KB5000802」や、Windows 10 1909向けの「KB5000808」が含まれています。

なお今月より、Windows 10 20H2/2004向けの「累積的な更新プログラム」に「サービススタック更新プログラム」が含まれるようになりました。

今回取り上げているOSは

  • Windows 10 20H2/2004/1909/1809
  • Windows Server 2004/1909
  • Windows Server 2019/2016/2012 R2/2012

です。

Windows 10向けの.NET Frameworkの累積的な更新プログラムはリリースされていません。

不具合情報

(2021/3/19追記)複数の印刷問題を修正する定形外の修正プログラムがリリース

▼詳しくはこちら

(2021/3/19追記)Microsoftが印刷に関して複数の問題があることを認める

2021年3月16日に修正プログラムがリリースされましたがまだ問題が残っています。数日中に修正プログラムがリリースされる見込みです。

(2021/3/17追記)画像印刷で一部が抜ける

リコーの情報によると、画像の一部が抜けて印刷されてしまう問題が解消されていないようです。

(2021/3/16追記)ブルースクリーン問題の修正プログラムがリリース

定形外リリースです。

(2021/3/11追記)一部のプリンターに印刷しようとするとブルースクリーン

  • Windows10 20H2/2004 : KB5001567
  • Windows10 1909/1903 : KB5001566
  • Windows10 1809 : KB5001568(EnterpriseおよびEducationエディション)
  • Windows10 1803 : KB5001565(EnterpriseおよびEducationエディション)

この更新プログラムをインストールした後、一部のアプリで特定のプリンターに印刷しようとすると、ブルースクリーンでAPC_INDEX_MISMATCHエラーが発生する場合があります。

Windows 10 20H2、2004、1909、1803/1809 向けの2021年3月累積更新プログラムで発生します。

Microsoftのアナウンス

更新プログラムの入手先

以下のチャネルから入手できます。

  • Windows Update または Microsoft Update
  • Microsoft Update カタログ
  • Windows Server Update Services (WSUS)

ただ、セキュリティのみの更新プログラムは、「Windows Update または Microsoft Update」チャネルから入手することはできません。

Windows 10 version 20H2

累積的な更新プログラムの適用手順

累積的な更新プログラム

・KB5000802

[既知の不具合情報]
・システム証明書とユーザー証明書が失われる。

・日本語IMEでふりがなの入力を自動的に許可するアプリに漢字を入力すると、ふりがなの文字が正しく入力されない場合がある。

サービススタック更新プログラム

今月から、サービススタック更新プログラムは累積的な更新プログラムに統合されました。

Microsoft では、オペレーティング システムの最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) と、最新の累積的な更新プログラム (LCU) を組み合わせました。 0x800f0823 – CBS_E_NEW_SERVICING_STACK_REQUIRED というエラーが発生した場合は、この LCU をインストールする前に、エラー メッセージを閉じ、最後のスタンドアロンSSU(KB4598481)をインストールします。 今後の更新プログラムでは、この SSU (KB4598481) を再インストールする必要はありません。

今月のLCUには最新のSSUが含まれている(別途SSUをインストールしなくて良いとは言っていない)、という謎仕様です。

深く追求しても仕方がないですし、累積的な更新プログラムの適用で CBS_E_NEW_SERVICING_STACK_REQUIRED エラーが起きた場合のみ、サービススタック更新プログラム「KB4598481」を適用しましょう。

・KB4598481

Windows 10 version 2004

KBは Windows 10 version 20H2 と同じです。

Windows 10 version 1909

累積的な更新プログラムの適用手順

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5000908

累積的な更新プログラム

・KB5000808

[既知の不具合]
・システム証明書とユーザー証明書が失われる

Windows 10 version 1809

累積的な更新プログラムの適用手順

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5000859

累積的な更新プログラム

・KB5000822

[既知の不具合]

KB4493509をインストールした後、一部のアジア言語パックがインストールされているデバイスには、”0x800f0982 – PSFX_E_MATCHING_COMPONENT_NOT_FOUND” というエラーが表示される場合があります。

Windows Server version 2004

KBは Windows 10 version 2004 と同じです。

Windows Server version 1909

KBは Windows 10 version 1909 と同じです。

Windows Server 2019

KBは Windows 10 version 1809 と同じです。

Windows Server 2016

累積的な更新プログラム適用手順

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB5001078

累積的な更新プログラム

・KB5000803

[既知の不具合]

KB4467684をインストールした後、グループポリシー「最小パスワード長」が14文字を超えて構成されていると、クラスターサービスがエラー「2245(NERR_PasswordTooShort)」で開始できない場合がある。

Windows Server 2012 R2

累積的な更新プログラムの適用手順

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB4566425

累積的な更新プログラム

・KB5000848

セキュリティ更新のみ

セキュリティ更新のみは、Windows Updateでは適用できません。

・KB5000853

[既知の不具合]

クラスター共有ボリューム(CSV)上にあるファイルまたはフォルダーに対して実行する名前変更などの特定の操作は 、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行した場合に発生します。

Windows Server 2012

累積的な更新プログラム適用手順

サービススタック更新プログラム

事前の適用が強く推奨されています。Windows Updateの場合は自動で適用されます。

・KB4566426

累積的な更新プログラム

・KB5000847

セキュリティ更新のみ

セキュリティ更新のみは、Windows Updateでは適用できません。

・KB5000840

[既知の不具合]

クラスター共有ボリューム(CSV)上にあるファイルまたはフォルダーに対して実行する名前変更などの特定の操作は 、「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL(0xC00000A5)」というエラーで失敗する場合があります。これは、管理者権限を持たないプロセスからCSV所有者ノードで操作を実行した場合に発生します。