[SCCM]Office 365 ProPlusのインストーラー作成は簡単!

SCCM
[SCCM]Office365 ProPlusのインストーラーの作成方法

SCCM を使用すると、Office 365 ProPlus のインストーラーを簡単に作ったり、クライアントPCへインストールすることができます。

本記事では、実際にインストーラーを作成する手順をご紹介します。

環境

インストーラーの作成環境と、対象の Office 365 ProPlus は以下の通りです。

SCCM

  • バージョン: 1902

Office 365 ProPlus

  • チャネル: 半期チャネル
  • バージョン: 1808 10730.20264

Office 365インストーラーの作成

以下の手順で作成しました。

インストールウィザードの起動

ソフトウェアライブラリ > 概要 > Office365クライアント管理 > Office365インストーラー を選択
Office365インストーラーを選択

アプリケーション設定

インストールファイルを格納する共有フォルダを設定します。
ダウンロード先フォルダ

Officeの設定

「Officeカスタマイズツール」を起動します。
Officeカスタマイズツール起動

Officeカスタマイズツールでの設定

検証時の設定です。あくまで例としてご覧ください。

画面が長いので分割してご紹介します。

アーキテクチャ, 製品

カスタマイズツール1

  • アーキテクチャ: 64ビット
  • Office Suites: Office 365 ProPlus

更新チャネル, アプリ

カスタマイズツール2

  • 更新チャネル: 半期チャネル
  • バージョン: 1808 10730.20264
  • アプリ: Excel, Word

後でFUの検証を行うため、最新ではないバージョンを指定しています。

言語

カスタマイズツール3

  • 主言語: 日本語

インストール, 更新とアップグレード

カスタムリンクツール4
カスタマイズツール4-2

変更なし

ライセンスとアクティブ化

カスタマイズツール5

プロダクトキー未設定でもインストール可能です。

全般

カスタマイズツール6
カスタマイズツール6-2

変更なし

規定のファイル形式

画面の先頭に戻り、[確認]ボタンを選択するとダイアログ画面が表示されます。

▼ダイアログ画面
規定のファイル形式

  • 規定のファイル形式: 現在の設定を保持する

[OK]ボタンを選択します。

設定内容の確認

▼今まで設定した内容が一覧表示されます。問題なかったら[送信]ボタンを選択します。
設定内容の確認

▼インストールウィザードに戻るので、[次へ]ボタンを選択します。
インストールウィザード

展開

インストーラー作成のみの場合

展開は後で行いますので[いいえ]を選択して[次へ]です。
すぐに展開しない

すぐに展開する場合

そのまま展開も行う場合は[はい]を選択します。
すぐに展開する

概要→進行状況→完了

後は先に進めるだけです。

概要

進行状況

完了

▼完了するとアプリケーションに追加されます。
アプリケーション一覧

最後に

意外に簡単にインストーラーが作成できたと思います。

次回は作成したインストーラーをクライアントPCに展開します。