クローニングでWindows10を簡単キッティング!~Sysprepで一般化しよう

Windows10
クローニングでWindows10を簡単キッティング!~Sysprepで一般化しよう

前回は一般化を行う時に必ず必要となる「応答ファイル」の作成についてご紹介しました。

今回は応答ファイルを使い、マスターPCをSysprepコマンドで実際に一般化してみます。

簡単な作業ですが注意しなければならないことがありますので、それも含めてご紹介します。

マスターPCに応答ファイルを配置する

パソコンを操作している画像
応答ファイルとは前回作成した Unattend.xml のことです。

マスターPCの

C:\Windows\System32\Sysprep

にコピーしましょう。

応答ファイルは一般化後に削除されてしまうので、移動ではなくコピーするように気をつけましょう。

コマンドプロンプトを起動しSysprepフォルダに移動する

コマンド画面

管理者としてコマンドプロンプトを起動する

マスターPCの「コマンドプロンプト(管理者)」を起動します。

スタートメニューを右クリックすると現れます

Sysprepフォルダに移動する

コマンドプロンプトで以下を入力し、Sysprep フォルダに移動します。

cd \Windows\System32\Sysprep

Sysprepコマンドを実行する

実行

コマンドプロンプトで以下を入力し、Sysprep コマンドを実行します。

sysprep.exe /oobe /generalize /shutdown /unattend:.\Unattend.xml

末尾の /unattend:.\Unattend.xml は無くても構いません。/unattend が未指定の場合、自動的に Sysprep フォルダ内にある Unattend.xml ファイルが使われます。

あとは一般化が終わるまでひたすら待ちます。終わったら自動でシャットダウンします。

これでマスターPCは一般化されました。

一般化したマスターPCは起動しないこと!

注意点

一点注意です。一般化したマスターPCは絶対に起動しないでください。

次回ご紹介しますが、一般化したマスターPCのイメージをキャプチャしクローンPCに戻すことで、クローニングが完了します。

一般化したマスターPCを起動してしまうと、一般化で消した各種情報が再び設定されますので、クローンPCに戻せるようなイメージがキャプチャできなくなってしまいます。

もし起動してしまったら、バックアップからイメージを戻して一般化をやり直しましょう。

最後に

一般化を行うまでの準備はかなり手間がかかりましたが、一般化自体はとても簡単だったと思います。

次回は、一般化したマスターPCのイメージをキャプチャします。これをクローンPCに適用することでキッティングが完了します。