クローニングでWindows10を簡単キッティング!~一般化したマスターPCのイメージをキャプチャする

Windows10
クローニングでWindows10を簡単キッティング!~一般化したマスターPCのイメージをキャプチャする

前回はマスターPCを Sysprep コマンドで一般化しました。

今回は、一般化したマスターPCのイメージをキャプチャしてみます。このイメージをクローンPCに流し込む(適用する)ことで、ようやくキッティングが終了します。

実はマスターPCのバックアップと同じです

デジタルイメージ
一般化したマスターPCのイメージをキャプチャする、と書きましたが、以前の記事とやることは全く同じです。

違うところがあるとすると、一般化前のイメージと混同しないようにイメージファイル名を変えるぐらいでしょうか。

dism /Capture-Image /ImageFile:d:\after_sysprep.wim /CaptureDir:f:\ /Name:”after_sysprep”

Windowsがインストールされているドライブ以外をキャプチャする場合も同様です。

恐らくバックアップの時に使った外付けHDDにキャプチャイメージを保存することになると思います。誤って一般化前のイメージを上書きしないように充分注意しましょう。

最後に

バックアップと同じことをするだけですので、かなり短い記事になってしまいました。

次回は、キャプチャしたイメージを元にクローンPCを作ってみます。