[注意]Windows 10 1809のWindows ADKにWindows PEは含まれていない

SCCM
[注意]Windows 10 1809のWindows ADKにWindows PEは含まれていない

SCCMをインストールしようとすると、前提条件チェックでWindows ADKのエラーとなることがあります。

エラーを見る限り、Windows ADKがインストールされていないというような内容です。

Windows ADKも含めていつも通りにインストールしたはずなのに、どうしてなのでしょう?

Windows ADK for Windows 10 バージョン 1809からはWindows PEが別で提供されるように

Windows 10 バージョン 1809 以降、Windows プレインストール環境 (PE) はアセスメント & デプロイメント キット (ADK) とは別にリリースされます。 Windows PE を ADK のインストールに追加するには、Windows PE アドオンをダウンロードして、含まれているインストーラーを ADK のインストール後に実行します。

ということで、Windows 10 1809以降は「Windows ADK」と「Windows ADK用のWindows PEアドオン」の両方をインストールする必要があります。

もちろんSCCMのバイブルである「System Center Configuration Manager (CB) 評価ガイド 環境構築編 Ver.1.1」にも記載されていません。

最後に

ちょっと今さらなネタではありますが、エラーだけ見て混乱する人が多そうですのでご紹介しました。

エラーメッセージに書かれているURLを見ると、しっかり今回の件が載っているんですけどね。

エラーが出たら慌てずに、エラーメッセージやエラーコードを良く読んでググってみましょう。