クローニングでWindows10を簡単キッティング!~マスターPCのライセンスについて

Windows10
クローニングでWindows10を簡単キッティング!~マスターPCのライセンスについて

※※※注意※※※ 本記事には誤った内容が含まれています。マスターPCはVolume Licenseでクリーンインストールしてください。OEMをベースにした場合ライセンス違反となります。本記事は後ほど取り下げいたします。大変申し訳ございませんでした。

以前に書いた記事 で、「マスターPCの Windows10 のライセンスはVolume Licenseにしよう」と記載しました。

ライセンスの付け替えについて質問を受けましたので、個人的な見解を書きたいと思います。

OEMライセンスのキーをVolume Licenseに変更すれば、OEMモデルのPCをそのままマスターPCとして扱ってもよいか?

はてなマーク

マスターPCをOEMモデルを元に作成する場合、ライセンスキーをVolume Licenseのものに変えればOKなのでしょうか?

Windows10 というOSに関してはOKだと思います。

OS以外のプリインストールされているアプリケーションは?

問題はプリインストールされているアプリケーションです。OEMライセンスのOSのPCには、実に様々なアプリケーションがプリインストールされています。国内メーカーのPCの場合は特に顕著です。

企業向けのProモデルの場合はクリーンインストールに近いことが多いですが、Office がプリインストールされていることもあります。

その状態でクローニングすると、プリインストールされているアプリケーションも一緒にクローンされます。それらのアプリケーションのライセンスが、それを許しているのか否かが問題です。

アンインストールできるならアンインストールした方がよいでしょう。アンインストールできなかったり、ライセンス形態が不明な場合、止めておいたほうがよいと思います。

最後に

手間はかかりますが、クリーンインストールしてVolume Licenseを設定した方が精神衛生上もよいのではないでしょうか。
ほうぼうに問い合わせる手間よりはマシだと思いますよ。