クローニングでWindows10を簡単キッティング!~有償ツールで楽をしよう

Windows10
クローニングでWindows10を簡単キッティング!~有償ツールで楽をしよう

キッティングの過程で、イメージをキャプチャーしたり、イメージを適用する(戻す)場面が何度か出てきました。

  • 一般化前のマスターPCのイメージをキャプチャーする。
  • 一般化前のキャプチャーイメージをマスターPCに戻す。
  • 一般化後のマスターPCのイメージをキャプチャーする。
  • 一般化後のキャプチャーイメージをクローンPCに適用する。

この他にもパーティションを作成したり、複数ドライブがあったらそれぞれキャプチャーしたりと、かなり面倒な作業です。

ここで有償ツールを導入することで、非常に簡単になります。

Symantec Ghost Solution Suite

お化け

WindowsPE のブートメディアを作成することができ、それを利用して作業を行います。そこまでは今までにご紹介した方法と似ているのですが、以下の点が異なります。

画面で操作ができる

WindowsPE で起動はしますが、画面が表示され、マウスで操作することができます。

  • どこにイメージを保存するのか。
  • どのキャプチャーイメージを適用するのか。

をエクスプローラ風の画面で設定できますので、非常に楽です。コマンドの打ち間違いはありませんし、他にどんなファイルがあるのか表示されますので誤って上書きする可能性も低くなります。

パーティションを含めて丸ごと扱える

クローンPCにキャプチャーイメージを適用する前に、パーティションの作成を行う必要があります。

複数のドライブのキャプチャーイメージを適用する場合、それに合わせたパーティションを作成する必要があります。さらにキャプチャーイメージもドライブごとに適用しなければなりません。

これらはとても面倒で、ミスも起こりやすい箇所です。

コンピュータが UEFI/GPT ベースなのか、BIOS/MBR ベースなのかによってもパーティション構成は異なります。

ツールを使うと、パーティション構成も含めて丸ごとキャプチャーできます。キャプチャーファイルは .ght という拡張子のファイル1つにまとめられます。

クローンPCに適用する場合、.ght ファイルを指定するだけで、パーティション作成からイメージの復元まで全てできます。

Acronis

大量のDVD
Acronis もWindowsPE のブートメディアを作成することができ、それを利用して作業を行います。

Acronis には、個人向けと企業向けの2種類の製品があります。

公式Blogにどちらを選択すべきか指針が載っていますので、参考にしてください。

Acronis True Image

個人やごく小規模の企業に向いています。

Acronis Backup

一般の企業ではこれを選択することになると思います。

更に2種類のエディションがあり、企業の規模・実現したいことに合わせて選択します。

  • Acronis Backup 12.5 Standard
  • Acronis Backup 12.5 Advanced

最後に

何度かツールを使用してキッティング作業を行いましたが、今までの苦労は何だったの?と思えるぐらい楽です。

手間やミスをお金で回避できるのであれば、充分選択する価値はあると思います。何度も行う作業ですのでなおさらです。

一度ご検討してみてはいかがでしょうか。