私がスマートウォッチ「Pebble」を選んだわけ

ガジェット
私がスマートウォッチ「Pebble」を選んだわけ

私がPebble(ペブル)というスマートウォッチを使うようになって1年以上経ちます。手放すことができない本当に素晴らしいガジェットです。

ですが、国内販売していないせいか全く話題になりません。今までPebbleを着けている人を見たことがありません。とても残念です。

私がどんな悩みを持っていて、どうしてPebbleを使うようになったのかご紹介しようと思います。同じような悩みを持っている人がPebbleを知り、ユーザーになってくれればうれしいです。

ちなみにPebble好きゆえに相当な主観が入っていますが、他のスマートウォッチを批判しているわけではないことは強調しておきます。

そもそもスマートウォッチって何?

スマートウォッチ

スマートウォッチは一見するとただの腕時計です。ただ、スマホと電波でつながっているところが違います。電話がかかってきたりメールやメッセージが届いたりすると、バイブで教えてくれます。もちろん画面で内容を確認することもできます。

スマートウォッチは、スマホに何かが届いたことを知らせる腕時計です。他にも色々な機能がありますが、スマートウォッチの主な存在理由はこれです。

電話なんて気づきませんよ、もちろんメールも

歩いている人たち

スマホをポケットに入れて歩いていると、電話やメールに気づきません。そのせいでたまにトラブルになりました。まぁ腹も立ちますよね。肝心な時に出なくて、今さらのタイミングで返してくるんですから。

で、どうしたか?ポケットからいちいちスマホを取り出して確認するんです。それも数分おきに。たいてい空振りですよね。

嫌になってスマホを握って歩くようになりました。これなら絶対に気づきます。でも邪魔なんです。常に片手がふさがっている状態ですから。

結局、ちょくちょくポケットからスマホを出して確認するしかありませんでした。面倒でしかたがありません。

Apple Watch発売

Apple Watch

そんな時、Apple Watchが発売されました。Apple Watchは最も有名なスマートウォッチです。恥ずかしながら私はこれで初めてスマートウォッチの存在を知りました。

これがあれば全て解決!そう思いました。

が、買った人からは色々な不満が。

  • バッテリーが1日しかもたない。
  • 防水じゃない(耐水です)。
  • 替えのバンドが専用で高額。さらに種類も少ない。
  • 振らないと画面が表示されない。
  • そして何といっても本体が高い!

腕時計というより小さいスマホですね。色々と気を遣う必要がありそうです。
確かにカッコいいし、画面も綺麗、機能も充実しています。でも私は電話やメールを知りたいだけなんです。

残念ながら選択肢からApple Watchが消えました。

そしてPebbleと出逢う

Pebble画像

  • iPhoneとつながること。できればAndroidも。
  • 気軽に使えること。
  • 値段が手頃なこと。

色々な会社がスマートウォッチを発売していますが、こんな要求を完全に満たしたのがPebbleでした。

たくさんのモデルがありますが、お試しで一番安いPebble Classicを買いました。

いやはや地味ですね。画面はモノクロだし、プラスチックでおもちゃみたいです。絶対Apple Watchと並べたくないです。ただ実用性は抜群です。

以下の説明はあくまでPebble Classicについてです。別モデルはちょっと違います。

実質5日ぐらいバッテリーがもちます

残り20%で充電メッセージが出るのですが、そこから1日もつので帰宅してからでも十分間に合います。

5気圧防水です

海水浴でも全く問題ありませんでした。

市販のバンドが使えます

Classicモデルは22mmのバンドが使えます。

画面が常に表示されています

普通の腕時計として使えます。暗いところで振るとバックライトが点灯するのは何気に便利です。

とにかく安いです

Classicモデルは$99です。さらにたまたまセール期間中だったのでたった$79(1万円しない)で入手できました。

軽くて丈夫です

何度か落としましたがびくともしません。

で、問題は解決したの?

ガッツポーズ

はい、解決しました。

走っている時でさえ電話やメールに気づけるので、いちいちスマホをチェックすることは無くなりました。これは本当に楽です。1日に数十回やっている動作が不要になり、常に頭の片隅に残っていた心配事が消えたのですから。

他にもいくつか良いことがありました。

スマホを見なくてもだいたい内容が分かる

誰からの電話なのか、どんな内容のメールなのか分かるので、本当に必要な時だけスマホを取り出すようになりました。

人と話している時、相手がスマホを見始めたらいい気分はしないですよね。
会議中にポケットのスマホが震えたら、気になって仕方ないですよね。

震えない

気になっていたファントム・バイブレーション・シンドロームが無くなりました。
スマホが震えていないのに、震えているように感じてしまうあれです。

ちょっとした不満

不満げな人

褒めてばかりでは面白くないので、あえて不満を挙げてみます。個人的には不満でも何でもないですが。

輸入なので届くのに少し時間がかかる

普通はPebbleの公式サイトで注文します。送料は無料ですが、届くまで2週間程度かかります。私の場合はシンガポールから来ました。

急ぐ場合、送料を払って配送方法をDHLにすると、3日ぐらいで届きます。Amazonで並行輸入品を買う方法も早いです。ただ公式サイトよりも高いです。

詳しい注文方法はググるとたくさん見つかりますので参考にしてください。

夏は蒸れる

Pebbleに限った話ではないですね。付属のシリコンバンドは非常に蒸れます。市販のメタルバンドに替えたことで随分軽減されました。それに防水なのでジャブジャブ洗えますよ。

モノクロは味気ない

モノクロはカラーよりコントラストが強いので、見やすいです。ただ味気ないのは確かですので、次はカラーモデルを買います。

画面が少し荒い

さすがにApple Watchよりは荒いですが172ppiあります。3DSよりも細かいです。求めるものが違いますし、気になったことは一度もありません。

スーツで使うにはちょっと抵抗がある

私の場合は色が黒で、バンドも黒のメタルにしているのでそこまでの違和感はありません。ただ、さすがにフォーマルな場にはちょっと使えないですね。

しかし、ちゃんとした場でも使えるモデルがあります。

特にPebble Time Roundはドレスの女性でもつけられるようなモデルで、とてもスマートウォッチには見えません。価格もApple Watchの半額程度で安いです。

日本語化がほんの少し面倒

Pabbleに日本語版は存在せず、通常は日本語を表示することができません。ですが「日本語言語パック」というものが配布されており、それを使うと日本語が表示されるようになります。詳しい方法はググッてみてください。たくさんの情報が見つかります。

画面に傷がつく

Classicモデルは画面がプラスチックなので簡単に傷がつきます。専用のフィルムが売っているので、貼ったほうがよいでしょう。

私はGadgetWrapsという海外サイトで買いました。

ちなみにClassicモデル以外では、国内メーカーからもフィルムが発売されています。

最後に

過剰な機能を求めないのであれば、Pebbleをおすすめします。色々な機能を使いたいならスマホの大きい画面でやればいいんです。私と同じような悩みをお持ちの方なら絶対後悔しないと思います。

それからもうすぐPebble2が発売されます。

画面が大きく本体が薄くなり、デザインがとても魅力的になりました。他のスマートウォッチに全く見劣りしません。人気になることを願うばかりです。
私はPebble Time 2を注文しました。届くのが待ち遠しいです。