SCCM導入事例~キッセイコムテック株式会社様~その2

SCCM
SCCM導入事例~キッセイコムテック株式会社様~その2

前回は、キッセイコムテック様の従来のキッティング方法での課題と、それを解決するために SCCM を採用した理由についてご紹介しました。

キッセイコムテック様が抱える非常に悩ましい課題を、SCCM で解決するためには様々な対策が必要でした。

今回は、多種多様なキッティング作業に容易に対応するために、どのような対策で実現したかご紹介します。

クリアすべき課題

話し合い

キッセイコムテック様のPCレンタル事業のレンタル先は多岐に渡り、キッティング内容もそれぞれ異なります。

レンタル先ごとにイメージファイルを作成するのは、時間も手間もかかりますしメンテナンスも大変です。さらにイメージファイルは巨大ですので、格納先の確保も一苦労です。

そこで、レンタル先ごとにイメージファイルを作成することはやめ、タスクシーケンスでPCを組み上げていくことにしました。

SCCMの主要機能 タスクシーケンス

スタート

タスクシーケンスは、SCCM の主要機能の1つで非常に強力です。

タスクとは

PCに対して行いたいことを「タスク」として設定します。

SCCM には、任意のプログラムの実行やレジストリの設定、PowerShell の実行など実に様々なタスクが用意されています。

タスクは、WindowsPE 上で動くタスク(パーティションの作成など)、Windows 上で動くタスク(インストーラの実行など)、両方で動くタスク(スクリプトなど)があり、想定できる大抵のことが実現できます。

タスクシーケンスとは

任意のタスクを設定して順番に並べます。一連のタスクを並べたものをタスクシーケンスと呼びます。

タスクシーケンスを実行すると、 SCCM が最上位の権限でタスクを順番に実行します。

「システム権限」と呼ばれる権限で、管理者権限よりも強いです。OSに対して自由に設定を行うわけですから、当然といえば当然ですね。

タスクシーケンスの作成

組み立て

使用する主要タスク

既に前回ご紹介していますが改めて。
キッティング(OS展開)で使用する主要なタスクは以下のようなものです。

  • パーティションの作成
  • OSイメージの適用
  • Windows設定
  • ネットワーク設定
  • 各種ドライバーの適用
  • ローカルユーザーの作成
  • ローカルユーザーのローカルグループへの追加
  • ドメイン参加
  • OSライセンスキーの設定(ボリュームライセンスの場合)
  • 各種レジストリの設定
  • 各種アプリケーションのインストール
  • 任意のプログラム(スクリプトも含む)の実行
  • PowerShellの実行
  • 更新プログラムの適用

各タスクを設定しタスクシーケンスを実行することで、ユーザーに配布できるPCができあがります。

マスターPC方式との違い

今回使用したOSイメージは、素のOSイメージです。素のOSイメージとは、OSのインストーラに格納されている Windows イメージを指しています。

install.wim というファイルです。

素のOSイメージに対し、各種ドライバの適用やアプリケーションのインストール、ユーザーの追加等を行います。つまり、OSのクリーンインストール+各種設定をタスクシーケンスで自動で行ったことになります。

通常のOSインストールを自動で行っただけですので、できたPCはそのままユーザーに配布できます。

一方マスターPC方式は、1つのマスターPCを元に複数のクローンPCを作成します。もちろんマスターPCをそのままクローンできるわけではなく、Sysprep でマスターPCから一意情報を削除してから、イメージをキャプチャするという手順が必要です。それでようやくクローンPCにイメージを流し込むことができます。

タスクシーケンス方式は、自動でマスターPCを複数作成するイメージに近いかもしれませんね。

各種バリエーションへの対応

機種によってドライバーは異なりますし、レンタル先のオーダーでインストールするアプリケーションも設定も変わります。もしかすると32ビットOSが必要かもしれません。

そこで、あらかじめそれぞれに対応したタスクを作成しておきます。

例えば、全ての機種ごとにドライバーを適用するタスクを作成します。アプリケーションのインストールなど他のタスクに関しても同様です。OSイメージに関しても、素の各Windowsの各エディションの32ビット版と64ビット版のタスクを用意しておきます。

キッセイコムテック様の場合、Windows10 Professional 64ビット版が対象ですので、そのOSイメージを適用するタスクを用意しました。

後はオーダーに合わせて各タスクの有効・無効を設定するだけです。タスクシーケンスを実行すると、オーダーに合った配布用PCができあがります。

マスターPCは不要ですので、イメージファイルは激減します。

最後に

マスターPCからクローンPCを作成する従来の方法ではなく、タスクシーケンスでクリーンインストールすることで、様々なバリエーションに容易に対応することができます。

余談ですが、最近は Sysprep に失敗するケースをよく耳にするようになりました。代わりに「プロビジョニングパッケージ」や「Windows AutoPilot」など、新たな展開方法がリリースされています。

従来の方法を見直す時期が確実に来ていると思います。

次回は、業務システムを止めない対策についてご紹介します。