Office365のTeamsって何?

Office365

Office365 では Teams というサービスが提供されています。名前からはチームでの作業で使える”何か”だとは分かりますが、その”何か”が分からないのが困りものです。

Teams とは一体何者なのか?どんなことができるのか?ご紹介します。

社内の連絡はメールよりもチャットがいいよね

teams

Teams はマイクロソフトからリリースされたチャットワークツールです。
今ドキ、連絡はメールよりチャット形式の方がいいですよね。メールで共有したつもりがCCを付け忘れてて情報が共有されてなかったとかも起きませんし。社内でのコミュニケーションではメールを禁止している企業もあるようです。

同じくマイクロソフトが提供しているチャットワークツールである Yammer は全社的な情報発信に向いていますが、Teams はプロジェクト毎の情報共有に向いています。

使い方はユーザーの自由

「プライベートチャット(1対1のチャット)」「チームチャット」「会議」など使用する場面によって、使い分けることができます。

また、Teams だけでメモの共有や、ファイル・会議スケジュールの管理が可能というすぐれたアプリケーションです。Office365 のアカウントを持っていない人でも「Azure AD」アカウントを持っていればゲストとして参加することができます。

Skype for business とも連携しており、テキストでのやり取りだけではなく音声やビデオでのチャットも行うことができます。Outlook と連携させ、使い慣れたメールのUIを使った書き込みも行える事ができるようです。

Office365の環境にピッタリ

Teamsは Microsoft365 のグループと連携するようになっています。使っていれば勝手に SharePoint にデータが集まるようになっていたり、Office365 の環境との連携が強くなっています。

最後に

チャットツールって一度使っちゃうとメールには戻れませんよね。Office365 を使っている会社は情報を一元化させるためにも Teams を使うのをオススメしますよ。