これからSkype for Businessに追加される予定の3つの機能が面白そう!

Office365
office365-Skype-newfunction-eyecatch

Skype for Businessに搭載される新機能ついて、アメリカのOffice365ブログで告知されました。

その内容がSkype for Businessをさらに便利にしてくれる機能だったので、みなさんに紹介していきます!

Skype for Businessに追加される3つの機能

Broadcastの画像

下記の記事のでは、3つの新しい機能がプレビュー版が公開されると書いてあります。

アメリカ限定のプレビューなので、日本ではこの機能を試用することはできません。なので実際に触れてみるのはまだまだ先のようですね…。

Skype Meeting Broadcast

簡単に言えば、「会議の内容公開」ということです。最大1万人まで公開できるようです。どうやら「Youtube ライブ」のように生放送配信というよりも、社内集会やウェブ上でのセミナーなどに向いてそうですね。

その他にも「Bing Pulse」という投票機能や「Yammer」を使用した会話機能とも連携するようです。

この機能は2015年内に、日本を含めた全世界に公開される予定です。似たようなコンテンツとして「U-stream」などがありますが、どのような差別化ができるのか楽しみですね。

PSTN Conferencing

Skype for Businessで会議の参加をするためにはPCかスマホ、タブレットのどれかが必要でした。この機能が追加されれば、固定電話や携帯電話でも会議に追加することができます。

ダイヤルアウトを使用すれば、固定電話から会議の追加なんてこともできます。

これも2015年内を目指して全世界に公表されます。これが実装できればSkype会議できる幅が更に広まりますね。

Cloud PBX with PSTN Calling

SKype for Businessを使用して通常の電話を受発信したり、保留・再開・転送などができます。なので、Skype for Business1つで電話の受け答えが全てできると考えてください。

この際、一般の電話との接続方法は不明です。どのように接続するのか、今から楽しみです!

この機能だけは2015年秋に、全世界で実施されるそうです。

終わりに

これらの機能をみると、Skype for Businessは一般的な電話機能を全て取り込もうとしているのが見えますね。この先、電話はSkype for Business一本になる可能性もより一層出てきました気がします!

これらの使い勝手などは、プレビュー版などが公開されたら皆さんにお伝えします!